そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

宇宙

2023年、月の北東半球に位置する「危難の海」に船が着陸する!

NASAは、民間宇宙企業「Firefly Aerospace(ファイアフライ・エアロスペース)」と商業月輸送サービス(CLPS)の契約を結んだと発表しました。 この契約により、ファイアフライは約9330万ドルを獲得し、同社の月着陸船「Blue Ghost(ブルーゴースト)」を202…

恒星の最後の輝きを見たい それは惑星状星雲

NASAは2021年1月29日、NASA/ESA(ヨーロッパ宇宙機関)のハッブル宇宙望遠鏡によって撮影された、さそり座にある惑星状星雲「ESO 455-10」の画像を今日の1枚として公開しました。 惑星状星雲は、昔のあまり性能が良くなかった望遠鏡で見ると、まるで惑星のよう…

水のない海が存在する!土星の衛星タイタン

海が水で満たされているとは限らないといいます。 そうなの? なぜなら、土星の衛星タイタンには、水ではなく液体メタンの海があるからです。地表面に液体が存在している天体は、太陽系で知られている限りは地球とタイタンのみだからです。 地球上のメタンは…

地球の天体が丸いのはなぜなのだろう?

地球はもちろんとして、太陽や月などの天体は「球形」をしています。それに対して、小惑星探査機「はやぶさ」が着陸したことで知られる「イトカワ」は、枝豆のような不規則な形をしています。 この「イトカワ」だけでなく、火星や土星の衛星などにも、球形で…

寿命が約1万年しかないという「ネオン光」を放つ新種の天体の存在

X線観測衛星「XMM-Newton」がとらえた星雲「IRAS 00500+6713」。そして、その中心には「J005311」と呼ばれる星が存在します。 この画像は、欧州宇宙機関(ESA)のX線観測衛星「XMM-Newton」がとらえた星雲「IRAS 00500+6713」のX線での観測データをもとに作…