そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

小説話

この地だからこそ生まれた「名作」を読んでみたなら

この地だからこそ生まれた「名作」を読んでみたなら|そして男は時計を捨てた・・・

言葉は精神を形づくる重要な要素

言葉は精神を形づくる重要な要素・・・そしてどんな言語を使うかということとアイデンティティーは深く結び付いているのです。 宮内悠介の「カブールの園」に収録された2編は、言葉とアイデンティティーをテ-マに据えた小説です。 表題作は日系3世で30代の女性レ…

宮沢賢治が通っていた観測所

宮沢賢治は作品を書くとき、現・国立天文台水沢の前身である「緯度観測所」をしばしば訪れてはヒントを得ていたといわれています。 前身の「緯度観測所」は1899年に設置されました。 天文台の本館の横にある「奥州宇宙遊学館」は、宮沢賢治が訪れた緯度観測所の2代…

ノンフィクションに見せかけた道化者

「恥の多い生涯を送ってまいりました」のフレ-ズから始まる我らが太宰治という作家の「人間失格」という小説を読んだことがある。太宰はこの小説を書き終えた後に自らその生涯に幕を閉じた・・・。 ところで僕はこの作家さんに抱くイメ-ジは「破滅型」「退廃」「暗い」と…