そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Phrase&picture 12

f:id:Cupidpsyche:20191003203642j:plain




君はやっと自分の名前を捨てたんだね・・・



あんなに嫌がっていた自分の名前を・・・



ありふれているけれど美しい響きを持った名前。



その名前を君に捨てさせたのは一体、誰?



自由になったかい?



自分じゃなくなったかい?



早く気付きなよ・・・捨てた君の名前を今日も必死に叫んで探している人たちに。



僕は名前収集人



今日も誰かが邪魔になった自分の名前を通りに捨てて行く・・・



それを拾っては名前を欲しがっている奴らに売りさばく。


拾った君の名前は高く売れそうだよ・・・



どこか悲しそうな目で遠くを見ている君。



「やっぱり君の名前、返そうか?」