そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

国民年金保険料 産前産後期間免除制度

f:id:Cupidpsyche:20191027155816j:plain


2019年の4月から自営業などの国民年金に加入する人が出産した場合、出産前後の国民年金保険料を全額免除する制度が始まりました。


国民年金保険料の産前産後期間の免除対象者は、国民年金の第1号被保険者で、出産日が今年2月1日以降の人で所得制限はありません。


国民年金保険料の免除期間は、出産日あるいは出産予定日が属する月の前月から4か月間です。現在の保険料月額1万6410円ですから、4か月で合計6万5640円が免除されます。


多胎妊娠の場合は、出産日あるいは出産予定日が属する月の3か月前から6か月間で、合計9万8460円が免除されます。


f:id:Cupidpsyche:20191027155409j:plain


届け出先は、お住まいの市区町村の国民年金担当窓口です。出産予定日の6か月前から届け出は可能で、出産後でも届け出ることが出来ます。ちなみに届け出の期限はありません。


f:id:Cupidpsyche:20191027155254j:plain


届け出用紙「国民年金被保険者関係届書」の中の「産前産後免除該当届」の番号を〇で囲み、出産(予定)日を記入して単胎あるいは多胎を〇で囲みます。


出産前は届け出用紙に母子健康手帳を添付することをお忘れなく!

出産後は、市区町村で出産日が確認できる場合は、母子健康手帳は不要です。ちなみに被保険者と子供が別世帯の場合は、出生証明書などの親子関係を明らかに出来る書類の添付が必要となります。


f:id:Cupidpsyche:20191027155854j:plain


産前産後免除期間は、国民年金保険料を全額納付したものとして扱われ、すでに保険料を納めた人も届け出によって産前産後期間の保険料は還付されます。


この制度は、「次世代育成支援」の一環として新たに設けられました。対象にあたる方はぜひ利用されたらいいと思います。