そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 エセルとア-ネスト ふたりの物語」

f:id:Cupidpsyche:20191029142941j:plain



「エセルとア-ネスト ふたりの物語」 2016年作品 イギリス映画



◎あらすじ

1928年、牛乳配達のア-ネストはメイドのエセルに恋をします。やがて2人は結婚して子供を授かります。第2次世界大戦の苦難を共に乗り越えて、戦後の経済成長を過ごし、息子の独立と結婚、そして老境。1971年に2人が死去するまでをイギリスの現代史を交えながら2人の家庭生活を淡々と綴ります。


f:id:Cupidpsyche:20191029143050j:plain



この映画の原作は、「スノーマン」「風が吹くとき」で知られているイギリスの国民的作家レイモンド・ブリッグズの自身の両親の生涯を綴った絵本です。


f:id:Cupidpsyche:20191029143114j:plain



「スノーマン」を継承し、紙に鉛筆で描く伝統的な手法で作られたアニメ映画。イギリスでは長年に渡り手描きの長編アニメは作られてはいませんでした。この映画が参考に取り入れたのは、2013年に公開された高畑勲監督の「かぐや姫の物語」でした。


f:id:Cupidpsyche:20191029143148j:plain


伝統的な描き方を取り入れつつも原作のスタイルを再現できるコンピューターソフトを導入し、線描を生かす新しいツ-ルも開発、準備のために費やされた期間は資金集めも合わせると7年半に及び、そこから制作に1年弱を要しました。


この映画を見てみると、細部に至るまで情感豊かで深い温もりが感じられます。そしてこの何処にでもいるだろう普通の夫婦が本当に生きていた人なのだと共感を覚えるでしょう。