そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 樹木希林を生きる」

f:id:Cupidpsyche:20191102104931j:plain



「樹木希林を生きる」 2019年 撮影、語り、監督・木寺一孝 108分


昨年9月15日に75歳で亡くなった女優、樹木希林に約1年間密着取材したNHKのドキュメンタリ-番組を再編集した映画です。



取材を許されたのは、ただ1人だけ。木寺一孝が撮影、語り、監督を務めます。


f:id:Cupidpsyche:20191102105055j:plain


「モリのいる場所」「万引き家族」などの撮影現場の他に、自宅の生活が収められています。自らがハンドルを握り現場に、往復の車の中でのつぶやきをプライベ-トビデオのように拾っていきます。



撮影現場では、「せっかくできたシワをもったいないから伸ばさないで。」 「役は細部ではなくて、デッサン」と含蓄のある言葉が出てきます。


f:id:Cupidpsyche:20191102105327j:plain


「万引き家族」の撮影では、是枝裕和監督との展開の解釈をめぐり緊張感のあるやり取りが走ります。



撮影から1年、希林さんのガンは全身に転移していました。しかし、心のエネルギ-が衰えることはありませんでした。


f:id:Cupidpsyche:20191102105127j:plain


周囲への気遣い、自由奔放、そしてユーモラスだった比類なき役者の晩年を映像は淡々と映し出しています。