そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 ホテル・ムンバイ」

f:id:Cupidpsyche:20191106104403j:plain



「ホテル・ムンバイ」 2019年 オ-ストラリア、アメリカ、インド作品 監督アンソニ-・マラス


インド最大の都市であるムンバイで2008年に実際に起こった同時多発テロ。最高級の「タ-ジマハル・ホテル」での卑劣な無差別殺戮と命をかけた奇跡の宿泊客救出劇を再現した実話の作品です。

オ-ストラリア人のアンソニ-・マラス監督の初の長編作です。


◎あらすじ


給仕係のアルジュンは身重の妻と幼い娘と暮らしています。出勤日、ホテルは武装した少年たちに襲撃されます。ホテルの宿泊客は500人以上。



f:id:Cupidpsyche:20191106104450j:plain



アメリカ人建築家のデヴィッドと妻のザ-ラは会食中で、部屋に残してきた乳児とベビーシッタ-と離ればなれになってしまいます。


ホテルの料理長オベロイとアルジュンたちは安全で特別な部屋に客を避難させます。


f:id:Cupidpsyche:20191106104550j:plain



テロリストたちが部屋を回って客を殺害していく目を覆いたくなるシ-ン。そして客たちを脱出させようとする緊張感、料理長の「逃げたい者は逃げろ!」の呼びかけにも「ここが家です!」と現場に残ろうとするホテルマンたちの誇りと勇気。



f:id:Cupidpsyche:20191106104616j:plain



その一方で、映画はイスラム過激派の首謀者に洗脳され、指示されて恐ろしい凶行に及ぶ貧しい家庭の少年たちを映し出していきます。


テロの温床にあるのは、貧困や格差、そして民族の間にある対立であると示唆しているのです。