そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

レコ-ドの魅力はいつまでも

f:id:Cupidpsyche:20191110103038j:plain



レコ-ドを高音質で楽しめる、先端にダイアモンドを接合したレコ-ド針。山形県にあるメ-カ-「ナガオカ」はこのレコ-ド針を生産し、現在世界シェア9割以上を誇っています。



ナガオカが生産するのはチタンの先端に人工のダイアモンドを接合した針で、主力は長さ1ミリ、太さは0.25ミリという一般のシャ-プペンシルよりも細い。ダイアモンドだと約200~300時間の再生にも耐えられ、サファイアで作られたものより10倍以上も長持ちし、音質も優れるといわれます。



f:id:Cupidpsyche:20191110103149j:plain



同社は、1940年に時計部品の製造会社として東京都に設立された。1961年にダイアモンド接合針の生産を開始し、山形にも工場を建設。1984年には平均、月に100万本に達したが、その後のCDの台頭と普及により生産は激減してしまいました。東京の会社を売却して山形で生産を続けてきました。



今、音楽の楽しみ方は変わってきました。CDやインターネットの定額聞き放題サ-ビスなど。ですが、若者の間では、逆にレコ-ドに興味を持つ人たちも増えているようです。


若者に人気のア-ティストたちがレコ-ドで楽曲を販売し、レコ-ドの購入者数が広がりを見せつつあるのです。


f:id:Cupidpsyche:20191110103117j:plain



今現在、レコ-ドのダイアモンド接合針を生産する会社は「ナガオカ」のみです。


僕はレコ-ド世代ではありませんが、レコ-ドから鳴らされる音は深みがあるといわれます。世界はアナログを見直しつつあるのかもしれません。


熟練の技が頼りとなるレコ-ド針。これからも多くの人を魅了して欲しいと思います。

レコードプレーヤー ラジオメディアレコーダー ワイドFM対応 TRM-109W レコードプレイヤー FMラジオ ラジオ メディアレコーダー メディアプレーヤー スピーカー内蔵 SD USB 録音 クマザキエイム(KUMAZAKI) 【送料無料】 1104P

価格:6,578円
(2019/11/10 10:42時点)
感想(0件)