そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

モスクワ五輪の幻の代表たち

f:id:Cupidpsyche:20191112190142j:plain



日本オリンピック委員会(JOC )が、東西冷戦下において日本がボイコットした1980年モスクワ五輪の「幻の代表」が一堂に会する「集いの会」を来月の12月に計画しています。


来年に開催される東京五輪で当時から40年を迎える中での異例の企画です。


当時の政治状況下に翻弄されて五輪への出場の夢を絶たれてしまった元選手たち。



f:id:Cupidpsyche:20191112190216j:plain



その1人でもある、JOCの会長の山下泰裕さんは東京五輪に何らかの形で参加出来るように大会組織委員会に要望を出しています。



JOCはオ-プンしたばかりの五輪の歴史が学べる「日本オリンピックミュージアム」の一角にモスクワ五輪代表の名前を刻んだ壁も設置しています。



モスクワ五輪は当時ソ連のアフガニスタン侵攻に抗議したアメリカ主導の下、日本などを含めた西側諸国が大会不参加を決めました。



当時の日本の判断は政治の圧力に屈した「日本スポーツ界の汚点」として永久に残されてしまうことになりました。


f:id:Cupidpsyche:20191112190520j:plain



そんな「幻の代表」たち・・・



さまざまな思いを共有し、スポーツ界の教訓として世界に発信できる場になることを願っています・・・