そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

宇宙を研究した3人の教授たち

f:id:Cupidpsyche:20191117155057j:plain


2019年のノ-ベル物理学賞を、太陽系外の惑星を発見したスイスのジュネーブ大学ミシェル・マイヨ-ル名誉教授とディディエ・ケロ-教授。そして、宇宙の歴史と構造を論理的に解明したアメリカのプリンストン大学ジェ-ムズ・ピ-ブルズ名誉教授に授与するとスウェ-デン王立科学アカデミ-が発表しました。


この3人は、従来の宇宙観を大きく変えた業績が評価されての授与になります。



スイスの2人は、1995年に南フランスの観測施設を使って、木星のようにガスで出来た惑星「ペガスス座51番星b」を発見しました。


f:id:Cupidpsyche:20191117155156j:plain



2人の研究に刺激される形で太陽系外惑星の探索が盛んに行われるようになり、これまでに太陽とは違う様々な大きさや形をした惑星が4千個以上、見つかっています。



ピ-ブルズ名誉教授は、138億年前に宇宙が誕生した後、ビッグバンという高温状態から冷えながら膨張して、物質が少しずつ集まって星や銀河を形成しながら現在の姿になったという「宇宙の進化」を論理的に明らかにしました。



f:id:Cupidpsyche:20191117155231j:plain



こうしてみると、宇宙にはまだまだ私たちの知らない隠された神秘や謎があり、それを解明してくれる時を待っているような気がしてなりません。


ノ-ベル物理学賞とは、物理学分野で最高の名誉といわれています。ダイナマイトの発明で知られているアルフレイド・ノ-ベルの遺言により1901年に始まり、「前年に人類に最も貢献し、最も重要な発見、発明をした人」に贈られる賞です。



授与式は12月にストックホルムにて開かれます。