そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

お坊さんたちの社会進出が始まった!

f:id:Cupidpsyche:20191123144001p:plain


今、メディアでお坊さんを目にすることが増えたと思いませんか?テレビのバラエティ-番組などに様々なタイプの僧侶たちが登場しては、雑誌が特集を組んだり、全国各地で開かれる仏教のイベントも人気があります。


お坊さんの社会進出?といえる近年の現象は、若手僧侶たちにその傾向が特にあって、その背景には2012年「未来の住職塾」の誕生があるのです。


f:id:Cupidpsyche:20191123143159j:plain



経営の視点を巧みに取り入れて、寺のあり方や地域社会との関わりを共に議論し学び合うのです。塾で学んだ受講生はこれまでに600人を超え、地域やメディアで活躍する僧侶たちを生み出してきたのです。


宗派すら超えた僧侶たちのネットワ-ク。塾には僧侶のみならず神道関係者も詰めかけます。


f:id:Cupidpsyche:20191123144037j:plain



都内神谷町本願寺では、境内の一部を開放した「神谷町オ-プンテラス」があり、昼休みを過ごす人、お弁当を食べる人など癒しの空間として定着しています。まさしく、お寺を活用した成功モデルです。



核家族化が進行し、今や「家」に対する意識は希薄になっています。通夜や告別式を行わず火葬だけで最後の別れを済ませる直葬が広がり出し、葬式や墓の不要論も飛び出しています。



次世代を担っていく若手住職や後継者の危機感は強いのでしょう。その危機感の中から「未来の住職塾」は生まれたのだと思います。



寺の将来を見据えた奥深い探求の場。



この場所から新たなる僧侶たちが日々、生まれていきます。