そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

季節の移り変わりを教える星が今・・・

f:id:Cupidpsyche:20191130163921j:plain



今から数千年前、おうし座の方角でたくさんの星がまとまって誕生しました。


プレアデス星団、日本では「すばる」と呼ばれる星の集まりです。



すばるは「集まって1つになる」という意味の「統ばる」という言葉に由来します。まさにその名前の通り、夜空に小さく細かい星が固まって集まっているように見えます。



空中の天体の中でもとても見つけやすく、雲の間から見えただけでも、すぐに分かるのです。



日本各地では、すばるは夜空でよく目立つために、季節の移り変わりを知る目印として使われてきました。


f:id:Cupidpsyche:20191130164208j:plain


すばるは昔から人々にとって、とても身近にあった天体だったのです。



西日本では「すばる」ではなく、「すまる」と呼ばれることが多かったようです。



「すまるが夜明け前に西に沈むようになると、海が荒れる」と言われていたのは、ちょうど今、冬の初めのことだったのです。


f:id:Cupidpsyche:20191130164241j:plain



季節はもう、変わろうとしているのです・・・