そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

日本のペットブ-ムに世界が「マッタ!」

f:id:Cupidpsyche:20191206204531j:plain


東南アジアなどに棲む絶滅危惧種コヅメカワウソの国際商業取引が、ワシントン条約に基づいて2019年から原則禁止されています。環境破壊による生息地の減少の他に、密猟や違法取引に歯止めがかからないためです。


カワウソがカワイイと日本では人気になっているのですが、希少動物のペットのブ-ムに世界が「マッタ!」をかけているのです。



今、ペットショップには「カワウソを買わないか?」という売り込みが度々あるのだそうです。



密輸されたカワウソが「ブリ-ダ-による国内繁殖」と偽り、それが怪しいながらも黙認されてしまっているのです。


f:id:Cupidpsyche:20191206205035j:plain



環境保護団体トラフィックによると、2015~2017年までに東南アジアから密輸を図って、保護されたカワウソは59匹に上り、うち32匹が日本向けでした。



こうした事態を受けて、環境省は国際取引禁止に合わせて国内取引も規制対象としました。規制以前に輸入されたり、日本で繁殖したりした個体も販売や譲渡には事前に登録申請が必要になります。



f:id:Cupidpsyche:20191206204625j:plain



2007年に同じケ-スにより登録対象になった小型サル「スロ-ロリス」がいます。現在でも密輸や違法取引が相次いでいます。



日本の誤ったブ-ムによって、野生での密猟を誘発しているのでしょうか?



登録制度をより厳格にして、国内から密輸を排除しなければ規制の意味は無いとも思います。



世界は日本を厳しく見ています・・・