そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

歩車分離式信号が地方で増加。

f:id:Cupidpsyche:20191208153122j:plain


歩行者の安全を確保する「歩車分離式信号」という信号があります。



巻き込み事故や交差点内の事故を未然に防げるとして、数年前から各地方で急速に設置が進んでいます。その一方で、車の流れを妨げてしまう側面もあります。



f:id:Cupidpsyche:20191208153145j:plain



歩車分離式信号とは、歩行者と車の青信号となるタイミングを分けて、車の右左折で発生する交通事故を防止する方式です。



他に、「歩行者専用現示方式」、斜めに渡る「スクランブル方式」などがあります。



f:id:Cupidpsyche:20191208153208j:plain



ですが、課題も残されています。歩車分離式信号は、歩行者が歩く際に車の流れをほぼ遮断してしまうため、車の停止時間が長くなってしまいます。



中には、車が歩車分離式信号を避けて、近くの生活道路に迂回する現象が発生し、歩車分離式信号を廃止にしたケ-スもあります。



歩行者の安全面では効果はあるのですが、スムーズな交通の流れとのバランスを取る難しさが今後の課題になるでしょう。