そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 大格差」

f:id:Cupidpsyche:20191224180827j:plain



「大格差」 (著・タイラ-・コ-エン 訳・池村千秋)



ロボットやコンピュータ-などの発達によって、労働自体が不必要になる未来を想像したことがありますか?



そこにあるのは、間違いなく2つの違うユ-トピアです。人間が労働から解放されて優雅に遊んで暮らすユ-トピア、もう1つは、機械に労働を奪われてしまいお金を得ることが出来なくなったユ-トピア?


f:id:Cupidpsyche:20191224181842p:plain


アメリカでは、機械が中流層の労働者を奪い取っていくと言われています。そして日本はアメリカの後を追っています。


この書籍は機械の発達が雇用や格差に与える影響をテ-マにしています。



中流層はもはや消えつつあり、学生がオンライン上で教授に質問をする時は、生身の教授などではなく、教授のボットとやり取りしていても気が付かない時代がやって来る。 その時、生身の教授はオンラインスク-ルのボット先生?!に職を奪われるかもしれません・・・



ですが、他方では、対面型の教育の重要性も高まるかもしれません。悪い側面ばかりではないのです。



機械を味方につけるか?はたまた機械を敵とみなすか?



みなさんは日本がどっちのユ-トピアになったらうれしいと思いますか?


大格差 機械の知能は仕事と所得をどう変えるか

価格:2,640円
(2019/12/24 18:12時点)
感想(0件)