そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

結局、プレミアム付き商品券とは・・・

f:id:Cupidpsyche:20191229124912j:plain



政府が2019年消費税増税後の景気対策の一環として打ち出したプレミアム付き商品券が浸透していないらしい。対象者は低所得者と低年齢の子育て世帯なのですが・・・



その原因として、購入手続きの複雑さが背景にあります。



プレミアム付き商品券とは、支払い額を上回る物品やサ-ビスと交換できる商品券です。市町村の窓口や委託先の郵便局で販売されています。



f:id:Cupidpsyche:20191229125001j:plain



多くの商品券の使用期限は2020年3月末までで、1人当り2万円の自己負担で2万5千円分の買い物が出来て、本来ならばお得な制度なのですが、商品券を買うためには元手となるお金を用意しなければならず、低所得者にとっては逆に負担に見えているのです。



子育て世帯には、自宅に購入引換券が届く半面、低所得者は事前に市町村に申請する必要があります。


f:id:Cupidpsyche:20191229125028j:plain


多くの自治体が申請期限を年内までとしていますが、より多くの購入を促すために期限を延長したり、未申請者に再度申請書を郵送する対応を決めた自治体もあります。



現在、自治体に申請した人の割合は3~4割程度にとどまっているようですが、プレミアム商品券の発行事業には約1819億円の予算が計上されています。



利用者が少なければ、増税後の景気対策の効果は限定的なものに終わります。



プレミアム付き商品券がある種のパフォーマンスの意味合いが大きかったとしたら・・・その答えは2020年に分かります。