そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

シロクマの毛の色とその仕組み

f:id:Cupidpsyche:20191231120313j:plain


シロクマの正しい名称は、ホッキョクグマといいます。白く見えるのでシロクマと呼ぶと思っている人が多いと思いますが、実は違うのです。



シロクマの毛そのものが白いわけではなく、ホッキョクグマの毛の一本一本は透明なのです。



そして、毛の真ん中はストローのように空っぽになっています。


f:id:Cupidpsyche:20191231120349j:plain


この透明な毛に光が反射することによって、全体的には白く見えているのです。



例えば、荷造りに使うビニ-ルのひもは透明ですが、実際に巻いてみると白く見えますよね?


それと同じことなのです!


f:id:Cupidpsyche:20191231120447j:plain


ホッキョクグマの毛が透明なのは、北極の寒い場所に棲んでいるので、太陽の光に当たった時に少しでも暖かい光が体の中まで届けられるようにするため、そして毛の中心が空っぽなのは、体の周りに空気をたくさん含むようにするためなのです。



f:id:Cupidpsyche:20191231120654p:plain



私たち人間も寒い冬は、フワフワのダウンジャケットを着ると暖かいですよね。体の周りに空気をたくさんため込むように着れば、外気の影響を受けにくく出来るし、なおかつ体の熱を逃がしません。



ホッキョクグマは北極の極寒の寒さから身を守ることが出来る仕組みの毛を持って産まれてくるのです。