そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

20代をつけ狙うもうけ話の手口とは!?

f:id:Cupidpsyche:20200119113328j:plain



20代の若者をつけ狙う悪質商法の手口。収入減や将来への不安につけこんで、詐欺師たちは投資や副業を持ちかけてきます。その時、はっきりと断れずに「お金がない」と言っていませんか?


詐欺師たちはこう言います。


「お金がないなら借金すればいい」と。


今、お金が無くとも強引に契約を迫る手口が若者を中心に広がっています。


f:id:Cupidpsyche:20200119113355j:plain


特にこの手口が目立つのは、「お金稼ぎの方法が分かる」とうたう教材の契約や化粧品などを知人に売れば報酬が入ると誘うマルチ商法などです。



きっぱりと断れない若者に対して、儲かるかどうかが不確実であるにも関わらず「借金しても、すぐに返済は可能」と詐欺師は迫ります。


f:id:Cupidpsyche:20200119113423j:plain


主な事例では、大学の友人に誘われて投資に関する教材の勧誘を受けたが、約50万円と高額だったので「お金がない」と告げたところ、「みんな借金をして契約している。必ず儲かるので、すぐに返済できる!」と返され、ついに断りきれず貸金業者から借金して契約。海外の口座を作って取引したが、結局は儲かるはずもなく借金だけが残った。


f:id:Cupidpsyche:20200119113442j:plain


他にも、求人サイトで映画のエキストラのアルバイトを見つけ登録しに事務所に行った際、映画の出演オ-ディションを勧められ受けたところ、翌日「合格した」と連絡が入り約40万円のレッスン契約を勧められた。


「お金がない」と告げると、ならばクレジットカードを作ればいいと言われ、まだ学生なのに、「職業はフリ-タ-、年収を200万円と記入してください」とウソをつくよう指示され5時間に渡って勧誘を受け続けた後、断りきれず契約したケ-スなど。



深刻なのは、断りきれずに1度契約したところ次々と新たな契約を迫られ高額な債務を背負わされたり、貸金業者に対してウソをつくように仕向けられて借金を作ってしまうことです。



もし、詐欺師たちに契約を持ちかけられた場合は「お金がない」と言うのではなく、簡潔にきっぱりと「契約はしません」「いりません」と言いましょう。



断るつもりで「お金がない」と言ったことが逆にトラブルの元になってしまうことを知っておいてください。