そして男は時計を捨てた・・・

テ-マを設けずに自分が感じた事を綴っていきます!どんどん更新していくので、応援よろしくお願いします🙇

Picture book 「 スノーデン・ファイル徹底検証」

f:id:Cupidpsyche:20200119183812j:plain



「スノーデン・ファイル徹底検証 日本はアメリカの世界監視システムにどう加担してきたか」 (著・小笠原みどり 毎日新聞出版)



f:id:Cupidpsyche:20200119183840j:plain



2013年、アメリカ国家安全保障局(NSA)のエドワ-ド・スノーデンがNSAの大量監視システムを内部告発して、全世界を震撼させました。



本書は、スノーデンが告発したNSA文書のうち、日本に関連したファイルについて、その実態のすべてを取材、検証した記録です。



NSAは世界中に電子監視網を張り巡らして、地球の全人口を監視対象に置き、ここ日本においても、メ-ルや通話、インターネットの閲覧歴もすべて入手しているとしています。


スノーデン・ファイルは日本におけるNSAの拠点を三沢、横田、沖縄に置いていて、NSAの大量監視システムである「エックスキ-スコア」が日本の政府に提供されたことなどを暴露しました。



著書は、日本の巨額の税金がこれらのアメリカの施設や、監視機器の増設に投入されている可能性があると示し、日本政府によるインターネット大量監視システムがすでに働いていて、内閣情報調査室などに最終的に情報が集中しているとも告発しています。


f:id:Cupidpsyche:20200119184034j:plain


本書が明らかにした「市民監視」のけた外れた拡大は戦慄が走ります。市民運動家やジャ-ナリスト 、一般市民までもが広く監視対象とされ、それがいつ抑圧、そして弾圧されるか分からない事態です。


「国による監視・・・」


その視点から物事を見たとき、さまざまな事件や政策の陰には監視の目が存在しているのかもしれません。



最後に・・・特定秘密保護法とは、違法な監視を覆い隠すためにアメリカによって設計され、市民監視を合法にするために共謀罪法が規定されたと著書は分析しています。