そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

糖尿病と自分のリスクを知ること

f:id:Cupidpsyche:20200123103832p:plain



日本では、糖尿病患者とその予備軍は推定約2000万人いるといわれています。



糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)の高い状態が続く病気です。健康ならば膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが働き、血糖値は一定の範囲内に保たれますが、糖尿病になるとインスリンの分泌が不足して働きが悪くなり高血糖の状態が続きます。



怖いのが、糖尿病を治療しないで放置することによって起こる合併症の数々です。全身の血管や神経が少しずつ傷ついていき、腎臓障害、目の障害、神経障害などの特有の合併症が現れます。


f:id:Cupidpsyche:20200123103251p:plain


糖尿病全体の9割以上を占めるのが生活習慣との関わりが深い2型糖尿病です。


糖尿病が増加している背景には、デスクワ-ク中心の労働や車社会の広がり、高カロリ-の食品が手軽に買えるようになった社会の変化があります。


f:id:Cupidpsyche:20200123103313j:plain


食べ過ぎなどの食生活の乱れ、喫煙や酒の飲みすぎ、多忙な生活による睡眠不足などが内臓脂肪の蓄積に繋がります。


この内臓脂肪の肥大はインスリンの働きを低下させていきます。


糖尿病の発症には、遺伝的な要因も関係します。日本人は欧米人に比べてインスリンの分泌が少ない人が多く、少しの体重増加で発症する人もいます。


自覚症状なく進んでいく糖尿病は早期発見が重要であり、そのために必要なのが血液検査です。



空腹時血糖値や随時血糖値、ブドウ糖負荷後2時間値の結果などにより、診断は3段階の糖尿病型、境界型、正常型に分かれ、糖尿病型が2回確認されるなどの一定の条件を満たした場合、糖尿病と診断されます。


f:id:Cupidpsyche:20200123103352j:plain


糖尿病型だけでなく境界型と診断された人も定期的に通院し治療を始めて、食事や運動などの生活習慣を改めることによって症状を改善することは可能です。



しかし、長年の生活習慣をいきなり変えることは容易ではありません。予備軍と診断された人の20~60%が糖尿病に移行するという統計もあります。



糖尿病の怖さは、予備段階で発見されても糖尿病の発症を予防できないところです。今はインターネットで診断できる「糖尿病リスク予測ツ-ル」などもあります。


f:id:Cupidpsyche:20200123103230p:plain


放置し続けるとやがては命に関わる糖尿病。自分のリスクを知って予防と早期発見に努めてください。