そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

今、世界を騒がせている量子コンピュータ-とは!?

f:id:Cupidpsyche:20200125160541j:plain


次世代コンピューターの本命ともいわれる量子コンピューターなどの量子関連技術の開発。



2019年に日本はこの量子技術(量子コンピューター、量子暗号通信、量子計測)などに力を入れていくと発表しました。


f:id:Cupidpsyche:20200125160606j:plain


アメリカのグ-グルは、開発中の量子コンピューター「Sycamore」で、世界最速のス-パ-コンピューターで1万年かかる計算を約200秒で解いたという論文を発表して世界を驚かせました。



今これほど世界を騒がせている量子コンピューターとは何なのでしょうか?


f:id:Cupidpsyche:20200125160639j:plain


現在のコンピューターは0と1の2つの数字を使って計算します。しかし、量子力学の理論を応用する量子コンピューターは、0と1の中間の値を用いて計算が出来ます。



イメ-ジで例えると、白と黒ではなく、その中間の何種類ものグレーの組み合わせが使えるイメ-ジです。



多くの計算を同時進行し超高速化が可能になり、現在使われている暗号も一瞬で解いてしまいます。



量子の原理を利用した絶対に破られることのない量子暗号技術は、未来の通信の秘匿化には欠かせません。量子力学では、情報が外部から観測されると証拠が残ってしまいます。なので盗聴などの行為はたちどころに分かってしまいます。



すでに一部の国では量子暗号通信が実用化されていて、日本でも実用化に向けて開発中です。


f:id:Cupidpsyche:20200125160856j:plain


そして、量子コンピューターでも破られることのない新しい暗号である「耐量子計算機暗号」の研究も進んでいます。例えば公文書の電子化や電子決裁が特徴の「電子政府」や電子カルテなどの重要な個人情報を公的機関でやりとりするときなどに使います。



量子技術は人工知能AIとも密接に関係し、これからの情報通信技術社会の基盤となり得る重要な技術なのです。課題は人材が不足していることです。



日本の未来はどうやら量子技術に託されているようです・・・