そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

2020年 もう一度寅さんに会おう!

f:id:Cupidpsyche:20200125193040j:plain



映画「男はつらいよ」は最初はテレビドラマから始まったといわれています。それがフジテレビで1968年から69年にかけて全26回放送された「男はつらいよ」です。



山田洋次さんが脚本を描き、渥美清さんが主演です。物語の核となる寅さんに、さくらと博。そして団子屋「とらや」を守る家族と近所の人たちが織り成す人情ドラマでした。



f:id:Cupidpsyche:20200125193101j:plain



ドラマ最終話で寅さんが奄美大島に渡って、ハブに噛まれて死んでしまうエピソ-ドが放送されると、たちまち視聴者から「寅さんを死なすな!」などのクレ-ムが殺到しました。



その後、脚本を手掛けた山田洋次さんが映画化の企画を松竹に持ち込み、翌1969年から新たにスクリ-ンで生まれ変わった寅さんの長い歴史が始まりました。



「男はつらいよ」は、一人の俳優が演じた最も長い映画シリ-ズとしてギネス世界記録にも登録されています。


f:id:Cupidpsyche:20200125193625j:plain


シリ-ズの最大の魅力の一つは、寅さんが一目惚れするマドンナたちの存在です。第49作までで延べ40人のマドンナたちが登場します。寅さんが恋に奮闘し、空回りやすれ違いの末に失恋、黙って旅に出てしまうというのがお決まりのパターンです。



また、恋愛だけではなく友情と義理人情を大切にする寅さん独特の人間関係も見ものとなっています。



f:id:Cupidpsyche:20200125193649j:plain



寅さんが、甥の満男に人生を語るシ-ンも印象的に映ります。


例えば、シリ-ズ第39作「寅次郎物語」の中で、柴又駅前の広場で高校生の満男が寅さんにこう聞きます。


「人間は何のために生きているのかな?」


寅さんはこう答えます。


「ああ、生まれてきてよかったなぁって思うことが、何べんかあるじゃない、そのために人間は生きてんじゃねぇのか」


また、シリ-ズ第40作「寅次郎サラダ記念日」の中では、満男から「人間は何のために勉強するのかな?」と問われた寅さんは、こう答えます。


「勉強したやつは、自分の頭できちんと筋道を立てて、こういう時にどうしたらいいのかと、考えることができるんだ」


寅さんは映画の中でいつも人生のエ-ルを贈っていたのです。



f:id:Cupidpsyche:20200125193819j:plain



そして去年2019年、渥美清さんの死をもって終わりを告げた「男はつらいよ」が第1作の公開から50年目に再びスクリ-ンに戻ってきました。シリ-ズ最新作「男はつらいよ お帰り寅さん」が公開されました。


第1作が公開されたのは、高度成長期の途上の時期でした。日本全体が活気に満ちていた時期です。しかし今、日本は逆に重く停滞したム-ドに包まれています。


寅さんは今の日本にどんなセリフを投げかけてかけてくれるのでしょうか?


男はつらいよ 4Kデジタル修復版【Blu-ray】 [ 渥美清 ]

価格:2,633円
(2020/1/25 19:43時点)
感想(0件)