そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 名もなき生涯」

f:id:Cupidpsyche:20200224074431j:plain



「名もなき生涯」 (2020年アメリカ、ドイツ 監督 テレンス・マリック)



1938年、ドイツに併合されたオ-ストラリアの農夫フランツ(アウグスト・ディ-ル)は愛妻ファニ(ヴァレリ-・パフナ-)と農作業に励み3人の子供がいます。翌1939年にドイツは戦争に突入していきます。



1943年にフランツのもとに召集令状が届き、神を信じるフランツは罪のない人を殺すことは出来ないと兵役を拒否して逮捕され投獄されてしまいます。


f:id:Cupidpsyche:20200224074555j:plain


フランツはベルリンの帝国軍事法廷に送られて、そこで最後の判決を受けます。助命するというヒトラ-への忠誠宣誓書に署名することをせず、面会にやって来たファニが引き裂かれながらフランツにある一言を言います。



テレンス・マリック監督は本作の中でヒトラ-の映像を使い、狂気に満ちた時代を見せ戦後30年近くたってから判明した実在の抵抗者を映画の中で復活させました。



フランツたち家族の平穏な生活が戦争の色へと染まっていく恐ろしさ。召集されても、ただ1人宣誓の手を挙げないフランツの勇気ある顔に苦悩が滲みます。


f:id:Cupidpsyche:20200224074626j:plain


神を信じる者がヒトラ-への反逆者として受ける暴行の数々。村ではファニに村人たちが怒声を浴びせかけ村八分にされてしまいます。それでもそっと助ける人がいる救い。



揺るがない信念を貫き通した男が周囲の辛さに耐え抜いた妻を抱きしめた瞬間、名もなき者は、今はどうなのかと問いかけてきます。