そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

原発の使用済み燃料再処理路線の限界



f:id:Cupidpsyche:20200229205759j:plain



原発で使い終わった核燃料がたまり続けています。日本はプルトニウムを取り出し再び燃料として使う「再処理」路線を進めてきましたが、使用済み燃料をそのまま地中にゴミとして埋める「直接処分」が現実味をおびてきました。



再処理路線はエネルギ-資源には乏しい日本が描いた夢がありました。高速増殖炉でウランとプルトニウムを混ぜた燃料を燃やすと、使用した分より多くの燃料が炉内に出来ます。つまり、エネルギ-の自給自足に繋がっていきます。そして、核安全保障にも役立ちます。




使用済み燃料にたまったプルトニウムは核兵器への転用が可能となり、プルトニウムを消費して国際社会の懸念を払拭できる高速増殖炉は「一石二鳥」でした。



しかし、現実は厳しそうです。



f:id:Cupidpsyche:20200229205830j:plain



福井県に建設した高速増殖炉もんじゅは相次ぐ事故により長期停止になり、福島事故後の原子力政策見直しによって廃炉になりました。プルトニウムは通常の原発でも燃やせますが経済性は低いために、安定的にプルトニウムを消費できるめどが立たなくなりました。



f:id:Cupidpsyche:20200229205853j:plain



再処理の場合は専用の工場で燃料を溶かしプルトニウムを取り出して、残った高レベル放射性廃液をガラスで固めて地中に捨てるために、工場の建設や運転に巨額な費用がかかります。



これに対して、直接処分は燃料を容器に入れて地中深くに埋めるだけです。コストも再処理の半分で済みます。



埋めるのは地下1000メ-トルの岩盤です。燃料を2体ずつ炭素鋼の容器に入れて地中に運びます。その容器は1000年は腐食しない設計です。その間に燃料中の放射性物質はある程度減っていきます。周囲は粘土で覆い、漏れた場合に岩盤に広がりにくくします。長期に渡り発熱するため容器の間隔を大きく取る必要があるため、処理場の面積もその分広さを確保しなければいけません。



ただ、再処理工場がほぼ完成して、ガラス固化の研究が進んでいるのとは逆に、直接処分はまだ基礎研究の段階で、今後の展望が見えません。



f:id:Cupidpsyche:20200229205913j:plain



世界の多くの国は使用済み燃料を直接処分していく方針です。すでにフィンランドやスウェ-デンは処分場の場所を決定しています。



日本には1万8000トン以上の使用済み燃料があります。