そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 1917 命をかけた伝令」

f:id:Cupidpsyche:20200306205242j:plain



「1917 命をかけた伝令」 (2020年イギリス、アメリカ 監督 サム・メンデス 撮影 ロジャ-・ディ-キンス 主演 ジョ-ジ・マッケイ他) 第92回アカデミ-賞撮影賞受賞


f:id:Cupidpsyche:20200306205312j:plain


フランスの西部戦線の後方で、のんびり昼寝をしていたスコフィ-ルド上等兵は突如起こされて、攻撃中止の伝令を別部隊に明朝までに伝えよと命じられます。



戦友とともに塹壕を抜け出して、荒れ果てた戦場を進んでいくと、やがて敵兵に遭遇します。次々に現れる敵兵の攻撃をなんとかかわしつつ、主人公たちは進んでいくのですが・・・



メッセ-ジを携え、時間内に目的地に到達しようとする映画は過去にもいくつか存在しています。しかし、本作で注目したいのが、カメラワ-クです。



サム・メンデス監督と撮影のロジャー・ディ-キンスは、全編カットを割ることなく一続きのショットの中で描いていくという方法を採用しました。


f:id:Cupidpsyche:20200306205607j:plain


カメラは主人公に寄り添うように進んでいくので、目の前に広がる戦場の風景は刻々と変わっていき、これによって独特の緊張感が生まれます。そして、常に主人公にぴたりと同伴するカメラは、観ている者を主人公と同化することも助けます。



つまりは、現代の映画館にいるはずの観客は、第1次世界大戦の非人間的で過酷な戦場に放り込まれ、泥にまみれ、傷だらけになって、銃火の中を逃げまどう1人の兵士となるのです。