そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

誕生から28年!Jリ-グ開幕

f:id:Cupidpsyche:20200308144820p:plain



誕生から28年目を迎えたJリ-グが2月21日から開幕し、サッカ-シ-ズンが本格化しました。Jリ-グは発足同時の理念の一つである「日本のサッカ-の水準向上」に貢献してきました。


f:id:Cupidpsyche:20200308143349j:plain


昨季のJ1でそれを見せてくれたのは、15年ぶり4度目の栄冠を手にした横浜F・マリノスでした。


ギリシャ生まれ、オ-ストラリア育ちのアンジェ・ポステコグル-監督のもと、高度な戦術を披露しました。全員が前線から勇敢に圧力をかけて奪い、昨季の得点王と最優秀選手に輝いたフォワードの仲川輝人選手たちの俊敏さを生かして一気にゴ-ルへと向かう攻撃サッカ-です。


f:id:Cupidpsyche:20200308143418j:plain


サイドバックの選手が守備的中盤に入るなどの、変化の激しいサッカ-で相手のマ-クのズレを生じさせて素早く攻め込む特徴もありました。



昨季こそは、この戦術で圧倒しましたが、おそらく今季は間違いなく分析されてしまうでしょう。2月8日に行われたス-パ-カップで、全日本選手権覇者の神戸に破れてしまったのはその一例といえます。神戸は横浜にスピ-ディなサッカ-を展開させない対策を練ったのでしょう。そしてそれだけでなく、神戸は守備力とともに選手の戦術理解度が上がっています。




Jリ-グはサッカ-のレベルだけでなく、スタジアムの平和的な雰囲気など健全性も誇りです。世界的な名手のイニエスタ選手が日本でプレ-し続けている理由はそこにあるのでしょう。ですが、懸念もあります。一部のサポ-タ-による歪んだ行為です。


f:id:Cupidpsyche:20200308143449j:plain


2月9日に行われたJ2京都とJ1セレッソ大阪とのプレシ-ズンマッチで、京都のサポ-タ-の1人がナチスを想起させる旗を掲げて問題になりました。


f:id:Cupidpsyche:20200308143925j:plain


今季からビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が本格的に導入され、ゴ-ル、PK判定、一発退場などの際どい判定の際には主審がビデオを参考にします。



日本のサッカ-がもっと発展するためには、まずは相手をリスペクトする姿勢がないといけないと思います。その姿勢はこれから選手や審判、そしてサポ-タ-にも求められます。



2019年日本はラグビ-に湧きました。ラグビ-日本代表がワ-ルドカップで見せた感動が競技の垣根を越えました。Jリ-ガ-たちも負けてはいられません。見る者の感動を引き出す、ハイレベルで心に訴える熱いプレ-を発揮してくれることを願っています。