そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

社会現象のマンガ「鬼滅の刃」に迫る 後編

f:id:Cupidpsyche:20200311094345j:plain



「鬼滅の刃」のアニメ製作は、「劇場版 空の境界」「Fate」各シリ-ズなどで知られ、作品のクォリティ-の高さはもちろん特に作画の美しさには定評のあるufotableです。



f:id:Cupidpsyche:20200311094409j:plain



原作に忠実にシナリオ化しながらも、アニメならではの演出と美しい映像によって、ただの映像化ではない独自の魅力をもつ作品に昇華させました。同社ならではの豊かな表現力を堪能できるのが、激しいカメラワ-クで魅せる戦闘シ-ンです。炭治郎が使う水の呼吸の剣技は、葛飾北斎の浮世絵の波を動かすようなイメ-ジで作画と3DCGを組合わせ表現されています。



f:id:Cupidpsyche:20200311094434j:plain



オ-プニングテ-マを歌うのは、人気ア-ティストのLiSAです。彼女自身が炭治郎をイメ-ジして作詞した曲「紅蓮華」は大ヒットとなり、初出場した2019年NHK 紅白歌合戦でも歌われました。また劇中の音楽は、これまでもufotableの作品に数多く参加してきた梶浦由記と椎名 豪が担当。



各話ごとに映像に合わせて音楽を作る手法がとられているため、主題歌、劇中音楽ともに統一した世界観をもった上で、物語を最大限に盛り上げるものになっています。


f:id:Cupidpsyche:20200311100128j:plain


連載マンガがテレビアニメ化をへて、その人気が拡大していくことはよくありますが、この作品のここまでの爆発的な盛り上がりはまれです。アニメ化以前は累計350万部だった原作コミックの累計発行部数がアニメ放送中に1200万部まで伸び、電子版を含めると累計4000万部を越えました。



アニメ版が2019年のヤフー検索大賞とツィッタ-トレンド大賞のアニメ部門賞を受賞。その人気の過熱ぶりが度々、テレビの情報番組などで取り上げられ、より幅広い層から関心を集めたことは、ブ-ムをさらに加速させました。



その中で公開される「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」は、その盛り上がりにさらなる拍車をかけることが出来るでしょうか。とても楽しみです。