そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 ジュディ 虹の彼方に」

f:id:Cupidpsyche:20200321165629j:plain



「ジュディ 虹の彼方に」 (2020年アメリカ・イギリス 監督・ルパート・グル-ド 出演 レネ-・ゼルウィガ- ル-ファス・シ-ウェル)



ジュディ・ガ-ランドは、映画の全盛期に最も儲けていたスタジオの大ヒット作の出演という実に恵まれた役で華々しいデビュ-を飾りました。



しかし・・・本作は、場末のステ-ジに幼い息子と娘とともに立ち、日銭を稼ぐようになった彼女の人生の後半から物語はスタ-トします。



ホテル代にも事欠くようになってしまったジュディは、前夫に子供を預けて、ロンドンのある劇場と長丁場の歌謡ショ-の契約を結びます。「オズの魔法使い」や「スタア誕生」のヒロインという栄光はロンドンでは、まだ通用していたのです。


f:id:Cupidpsyche:20200321165733j:plain


さらに、一流のエンターテイナ-の中で、もまれて生きてきたジュディは、大向こうをうならせてしまう程の実力者でもあったのです。とはいえ、この時期のジュディは好不調の差が激しく、さらには、子供たちと一緒に過ごすことが出来ないという悩みにジュディは徐々に蝕まれていきます。



そしてジュディが抱えている悩みは、彼女が栄光に包まれていたデビュ-当時からすでに始まっていて、ついにジュディは・・・


f:id:Cupidpsyche:20200321165803j:plain


伝記映画というものは、本人を誰がどのように演じるかですべてが決まってしまうように思いますが、出演のレネ-・ゼルウィガ-はスタ-の悲哀を本作で見事に演じ切りました。