そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

バズる!お寺の掲示板大賞とは?!

f:id:Cupidpsyche:20200328141102j:plain


京都市の浄土宗龍岸寺の門前に「NO ご先祖、NO LIFE 」という文字が掲示用の黒板に書かれてあります。


これは!?


有名CDショップの「NO MUSIC 、NO LIFE 」 をもじった標語だ!先祖がいなければ人生はない、という意味です。


f:id:Cupidpsyche:20200328141124j:plain


龍岸寺の住職、池口龍法さんは仏教を身近に感じてもらうために多彩な活動を続けています。そして寺が門前に掲げる言葉は2018年に、あれよあれよの内に全国規模でブレークしました。



そのきっかけは、仏教伝道協会が募集を始めた「輝け!お寺の掲示板大賞2018」だったのです。



写真をツィッタ-やインスタグラムに投稿してもらい、そのありがたさやインパクトで受賞作品を決めます。大賞の予算は3万円で、その低コストな企画は、新聞やテレビで取り上げられ、ネットの世界へも波及しました。


初期段階でテレビ番組「タモリ倶楽部」で特集が組まれ、その面白さに着目されていて、旅先でたまたま標語を目にした旅行者や寺院関係者まで、2018年7月から4ヶ月の投稿数は約700もあり、爆発な拡散をして、いわゆる「バズった!」のです。


f:id:Cupidpsyche:20200328141229j:plain


最初にパワ-を発揮した標語は、「おまえも死ぬぞ 釈尊」 人は死から逃れることは出来ないという事実を突きつけた言葉に反応は高く、2018年の大賞に決まりました。


f:id:Cupidpsyche:20200328141303j:plain


2019年の大賞は、「衆生は不安よな。阿弥陀動きます。」 芸人の闇営業問題に絡み、ダウンタウンの松本人志さんが後輩を心配してツィ-トした言葉をもじった作品です。



ちなみに協会賞には、「お釈迦様を嫌いな人もいた「誰にも嫌われたくない」なんて 思わなくていい。」 NHK で紹介されて大きな反響を呼びました。


f:id:Cupidpsyche:20200328141345j:plain


仏典から、著名人の言葉から、あるいは住職たちがそれぞれに工夫を凝らして、思いを込めて書いた言葉が並び、中にはダジャレやギャグもあります。


寺の門前は寺と世間の境目で、そこには掲示板があるという点に注目したのは大きな功績だと思います。通行人を仏教の世界へと誘ってきたその掲示板は、やがてSNSによって仏教の世界にアクセスできる装置になり得ました。




寺の門前を歩いていて、ふと目に止まる、あるいは通勤電車内のスマホなどで読む、張りつめていた心や気持ちが楽になる、それぞれの行動を見つめ直したり、今、読んで下さっているあなたにも「刺さる」言葉はあると思います。



2020年のお寺の掲示板大賞には、どのような言葉が選ばれるのでしょうか?