そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

ストロング系アルコ-ル飲料の罠!

f:id:Cupidpsyche:20200329210109j:plain


高いアルコ-ル度数でありながらも安い値段で安く酔えると人気のあるストロング系アルコ-ル飲料。しかし、実はとても危険ということをご存じでしたか?



なぜ、今こういったストロング系アルコ-ル飲料は危険なのでしょうか?



ストロング系アルコ-ル飲料のアルコ-ル度数は9~12%と非常に高いのですが、清涼飲料水のように口当たりが軽く、比較的早いぺ-スで大量に飲んでしまいやすいのです。つまり、血中アルコ-ル濃度が急激に上昇して、前後不覚の状態になるまでの時間が短いことが特徴です。
通常の飲酒と同じく、肝臓や消化官の障害、脳の萎縮などが懸念されます。


f:id:Cupidpsyche:20200329210136j:plain


そして、ス-パ-やコンビニで手軽な値段で購入できるために自制が効きにくく、酒税が低いこと、これらが多量摂取に拍車をかけてしまいます。日本では飲酒に対しては寛容な所があります。



アルコ-ル度数9%のストロング系は500ミリリットル缶1本で日本酒換算で2合近く、また12%のストロング缶では1本で2合半になります。お酒を飲む人は今のアルコ-ル摂取量を自覚する必要があります。依存症になっているかもしれないのです。


本当は飲まない方が最善ですが、飲む場合はそれでも1日に350ミリリットル缶1本にとどめておいた方が良いのです。


また、若者を中心に人気があるカフェインを多量に含んだエナジ-ドリンクと一緒に飲むスタイルは非常に危険といわれています。


カフェインはアルコ-ルの代謝を遅くして酔いが覚めるのを遅くするため、覚醒作用のせいで酔っていることを自覚しにくくなり、その結果として、飲み過ぎによる急性アルコ-ル中毒に陥る危険があるのです。


ストロング系アルコ-ル飲料によって高いアルコ-ル度数そのものの多量摂取に慣れてしまってはいけません。


f:id:Cupidpsyche:20200329210215j:plain


お酒が好きだから飲むのではなく、酔ってつらい気持ちを吹き飛ばすために飲む人も多いのも現状です。ストロング系アルコ-ルは飲むと嫌なことが忘れられることから、「飲む福祉」とも呼ばれていて、酔って逃れたい人を苦しめる現実もまた問題です。


f:id:Cupidpsyche:20200329210310j:plain


アルコ-ルは人の生活に深く根付いていて、飲めば、脳の中枢神経を抑制します。いわば麻薬に似ているのです。2014年に執行されたアルコ-ル障害対策基本法は、国民をアルコ-ルによる健康被害から守り、再発防止と依存症からの回復支援を促すとしています。

 




個人の責任ももちろんですが、国による消費量のコントロールも必要であり、それはタバコと同様に課税によって行われるべきことかもしれません。


現に欧州ではアルコ-ル度数の高さに応じて税率を引き上げている国もあります。



健康を害してしまう前に、ストロング系アルコ-ル飲料を多量摂取することは、控えましょう!