そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

アマゾンが切り開いた電子商取引

f:id:Cupidpsyche:20200411145823j:plain


今や、クリックひとつで何でも買えてしまう、いわゆる電子商取引の時代になりました。その中においても、アメリカのアマゾン・コムが有名だと思います。



電子商取引はインタ-ネットを通じて契約や決済をする商取引のことで、イ-コマ-ス(EC)とも言います。このEC市場を切り開いていったのが、ジェフ・ベゾス氏が1994年に創業したアマゾンです。アマゾンはまず書籍のネット通販から始めて、取扱い商品を拡大していったのです。



2000年には日本にも進出して、日本でも最大手です。アマゾンは「地球上で最大級の品ぞろえ」を掲げ、直販だけでなく、中小事業者や個人に決済や物流基盤を提供し商品を出品してもらう「マ-ケットプレイス」も手掛けていて、これが売上高の全体5割以上を占めます。



世界各地に巨大倉庫と自前の配送網を持っていて、注文してから自宅に届くまでの時間を極限まで短縮することに力を注いでいます。


f:id:Cupidpsyche:20200411150007j:plain


これを支えているのが大量のデ-タと人工知能AI技術です。過去の注文や検索履歴などから最適な商品を推薦して、精緻な需要予測による在庫管理をしているのです。



アメリカのEC市場の半分弱を占め、その影響力の大きさが「アマゾンエフェクト」という言葉を作りました。アマゾンの大きな成長や新規参入に伴って、競合する小売業やアパレル、出版などの業界はその構造を変化させていくことを迫られてきました。



日本でも注文量の増加に宅配業者の体制が追いつかず、人手不足の混乱も起きました。


競合する日本企業の代表格は?



それは、楽天とヤフーです。


f:id:Cupidpsyche:20200411145908p:plain


楽天はモ-ル型と呼ばれ、サイト内に企業が出店する形式が主流で、出店企業からシステム利用料や出店手数料を受け取ります。



ヤフーもモ-ル型ですが、出店手数料ではなく広告料を収入源としています。楽天は出店者ごとに配送料や物流の仕組みはバラバラでアマゾンに比べると劣ると言われています。このため3980円以上購入で送料を原則無料にする新制度導入を目指したのですが、一部の出店者が強く反発したために、一律の導入は見送ったのです。