そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

本当の空はどこにある? 高村智恵子

f:id:Cupidpsyche:20200418143445j:plain



福島県二本松市内油井の旧奥州街道沿いには詩人の高村光太郎の妻であり、詩集「智恵子抄」で知られる高村智恵子の生家と記念館があります。



智恵子は福島県安達郡油井村の大きな造り酒屋を営む長沼家の長女として生まれ、油井小、福島高女を経て東京の日本女子大学に進学しました。


f:id:Cupidpsyche:20200418143519j:plain


智恵子の生家の表玄関には屋号である「米屋」と酒の銘柄「花霞」の看板が掲げられていて、軒には新酒の熟成を伝える杉玉が下がっています。


これは、昭和4年に長沼家が破産し人手に渡ってしまった家屋や土地を平成初めに旧安達町が買収し、明治初期の建物を修復、保存したものです。


智恵子が愛聴したベ-ト-ベンの「田園」が室内には流れており、1階2階を合わせると18間もあるという重厚な町家造りです。智恵子の居室は2階の2間でした。智恵子が実際に使っていた琴や蓄音器、はた織り機もあります。


f:id:Cupidpsyche:20200418143551j:plain


日本女子大学在学中に油絵を描き始めた智恵子は大学卒業後に、大平洋画会研究所に通い、洋画家を目指したのです。夫の光太郎に出会ったのもこの頃です。


f:id:Cupidpsyche:20200418144140j:plain



記念館に展示されている智恵子の油絵「花(ヒヤシンス)」「静物」、デッサン画では、「男性裸像」「ミロのビーナス像」などがあります。



智恵子が統合失調症を発症して、東京のゼ-ムス坂病院に入院したのは1935年です。その後1938年に同病院で肺結核で死去するまでに、1000点あまりの紙絵を制作しました。記念館には実物24点を所蔵しています。



記念館の脇道から石段を上ると稲荷八幡神社が見え、境内には「熊野大神」と刻まれた石碑があり、これは毛筆の才能もあった智恵子が書いた文字です。


f:id:Cupidpsyche:20200418143637j:plain


智恵子と光太郎のお気に入りの散策路だったといわれる鞍石山山頂への道。一帯は「智恵子の杜公園」で、西に標高1700メートルの安達太良山、南には阿武隈川を望む高台があります。


「あれが阿多多羅山 あの光るのが阿武隈川」


光太郎の詩「樹下の二人」の舞台になった場所です。智恵子が帰郷するたびに彼女の心を癒したのが、安達太良山の上に広がる故郷の空だったのでしょう。


f:id:Cupidpsyche:20200418143710j:plain


みなさんにとっての本当の空はどこに広がっていますか?