そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

黙って消え去ってしまうか、何かを伝えていくか・・・

f:id:Cupidpsyche:20200425100417j:plain


映画監督の大林宣彦さんが4月10日、肺がんのために82歳で亡くなりました。2016年に末期がんを告知されて以降も長編映画を2本も完成させ、その晩年は気骨ともいえるものでした。


監督はこう言いました。


「戦争の怖さを知っている世代として、戦争は二度と嫌だと言い続ける責任がある。がんごときに死ぬわけにはいかない・・・」


f:id:Cupidpsyche:20200425100438j:plain


監督の遺作となった「海辺の映画館 キネマの玉手箱」は、現代の若者たちが時空を超えて、幕末以降の日本の戦争をたどっていく物語です。



「映画を観ている観客と一緒に、平和というハッピ-エンドを手繰り寄せる努力をする。それこそが僕の果たせる映画の役割。」


f:id:Cupidpsyche:20200425100506j:plain


監督の原点にあったのは戦争です。当時、軍国少年だった監督に、母と姉たちが詠んでくれた与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」、戦争に反対して投獄されてしまった近所のお兄さん。終戦を迎えたのは監督が7歳の時です。



監督の代表作品「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の尾道三部作は大量消費へと突き進む日本の敗戦後を問い直した作品です。



かつて、黒澤明監督から「映画には世界を平和にする力がある。私たちの続きをやってほしい」とバトンを手渡された監督。盟友であった高畑勲監督の訃報を受けた時、監督は、若い世代に何を残し、そして何を伝え得るかを考えながら生きていくことを誓いました。


f:id:Cupidpsyche:20200425100640j:plain


監督の心の中にいつもあったものは「敗戦少年の心」だったのかもしれません。そしてその心を貫いていくことだった。平和を作ることを7歳の時に託されて大人になった敗戦少年。そして監督を晩年まで突き動かしていたものはそこからただ黙って消え去ることではなく、常に若い世代へ何かを伝えていくことの責任だった。



そしてその責任というバトンは今度は私たちへと手渡されました。バトンを持ったまま黙って消え去ってしまうか、それでも何かを伝えていくか、手渡されたバトンを私たちの次の世代へと・・・