そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

自転車に乗るなら楽しく乗りたいよ・ネ?

f:id:Cupidpsyche:20200521211253p:plain



通学や子供の送迎など、それだけではなく暖かい季節になると自転車に乗って何処かへ出かけたい・・・しかし、その自転車で事故を起こしてしまっては、元もこもありません。せっかく自転車に乗るなら楽しく乗りたいですよね。今回は自転車の安全な乗り方について書いてみたいと思います。



1、自転車はどこを走ればいいのか?


道路交通法では、自転車は軽車両、それは車の仲間だということです。自転車も「道路の左側を走る」ことが基本的なル-ルです。車道と歩道が分かれている道路では車道の左側を走ります。したがって車道の右側を走る逆走は非常に危険なので絶対してはいけません。


2、自転車は歩道を走ってもいいのか?


車道は怖くて危ないと感じる人も多いと思いますが、自転車歩道通行可の標識のある時は、13歳未満の子供と70歳以上の高齢者、身体の不自由な人は安全のためにやむを得ない場合は歩道通行が認められています。



その際にル-ルが2つあります。それは「徐行」と「歩道の車道寄り」です。通行する時は自転車は「通らせていただく」という意識を持って、ゆっくり通ります。また、「どけ、どけ!」とばかりにベルを鳴らすのは違反となり、何かあればすぐに止まれるように徐行します。


3、自転車保険に加入しなければいけないのか?


近年、自転車同士の事故、自転車と歩行者などの事故は増加傾向にあります。中には歩行中に自転車と接触していても警察に届け出ない人も多くいることから、実際にはもっと多くの事故が起こっていると考えられています。



そういうことからも、被害者救済のための自転車保険の加入を義務化する自治体も増えてきています。しかし、義務といっても罰則はありません。乗り物を操る以上、万が一に備えておく必要はあると思います。


4、スマホやイヤホンの「ながら運転」はダメなのか?


自転車に乗っている時のスマホ操作やイヤホン使用は禁じられています。これは、都道府県の道路交通規則などで罰則が設けられています。そもそも車の運転は視覚と聴覚をフルに使って周囲に注意を払うことが不可欠なのです。当然、「ながら運転」は、事故に遭う危険と事故を起こす危険性も拡大に増します。自転車は車の仲間であり、その責任は重大なのです。



f:id:Cupidpsyche:20200521212658j:plain



交通事故で辛い思いをする人を増やさないためにも、私たちは交通ル-ルをもっと知る必要があります。また、交通事故は乗り物、人、道という3つの視点から考えていかなければいけません。車の安全技術や自転車の安定性の向上、交通教育や道路環境自体にも目を向けて、安全性を高めていけたらいいですね!