そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

妻子を思い江戸へ帰る・・・沖田林太郎 

f:id:Cupidpsyche:20200606174628j:plain



-沖田林太郎・・・は留守の間に妻子や一族まで世話になり、京都に残るのは恐縮しているので、早々に引き払います。取り計らいを希望します-



f:id:Cupidpsyche:20200606174847j:plain



幕末に活動した新選組の局長となる近藤勇が書いた手紙を写したとみられる史料が群馬県立文書館に残されています。その中に上の文が記載されています。それは沖田総司の義兄として知られる林太郎が、妻子たちへの思いから新選組に加わらず、江戸へ帰還したとうかがわせるものです。



f:id:Cupidpsyche:20200606174759j:plain



手紙は、現在の群馬県伊勢崎市で旗本の家臣だった萩原信之家文書のうちの「梧桐叢書」と題した冊子に収められています。日付は、新選組の前身となる壬生浪士隊が誕生した時期と重なる1863年(文久3年)3月13日で、林太郎について触れている部分は4行あります。



「妻子共各々様世話二相成候」「沖田氏一族等迄皆々様之世話二相成候」という状況の中で京都に残ることを甚だ恐縮しているとし、「早々引払候」とつづっています。



手紙の宛先は、近藤勇が養父から跡を継いだ江戸の剣道道場、試衛館を預かる幕臣の寺尾安次郎とみられています。新選組結成前後の役割表を記した手紙もあって、ゆかりの人物が所有していたものを、まとめて写した可能性もあります。



f:id:Cupidpsyche:20200606174817j:plain



林太郎は、総司の姉と結婚して沖田家を継ぎ、総司と同じく試衛館で修業をし、攘夷派などによって治安が悪化していた京都へ14代将軍の徳川家茂が赴く際に、警護のために幕府が募った浪士組に、近藤や総司たちと共に志願しました。その後、浪士組の運営方針が変わり江戸へ戻ることが決まると、将軍警護の継続を訴えた近藤や総司たちは京都に残留し、壬生浪士隊を経て新選組を結成しました。



たもとを分かった林太郎たちは江戸で新微組として再編され、山形・庄内藩の支配下で、江戸市中の警護や海防を担いました。組頭も務めた林太郎は、新選組と同様に戊辰戦争を戦ったのですが新政府軍に敗れてしまい、庄内へ移住。明治に入った後に東京へと移り、その生涯を終えました。肺結核を患ったとされる総司は戊辰戦争のさなかに江戸で死亡し、旧暦の5月30日が命日となっています。