そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

布製マスクと不織布製マスクの違い

f:id:Cupidpsyche:20200606163811j:plain



布は糸を織ったり編んだりして作られていて、織り目(編み目)が出来るため、布製マスクは織り目(編み目)を通してウイルスを通しやすいといわれています。



その一方で、不織布は繊維を特殊加工によって接着またはからみ合わせることにより、薄いシ-ト状に加工しています。そのため織り目(編み目)がないので、ウイルスを通しにくいといわれています。



f:id:Cupidpsyche:20200606163948j:plain



布製マスクの効果については、厚生労働省は次のように説明しています。

1. せきやくしゃみなどの飛沫を防ぐ効果があること、手指を口や鼻に触れるのを防ぐことから、感染拡大を防止する効果。


2. マスクの着用により、喉や鼻などの呼吸器を湿潤させることで風邪などに罹患しにくくなる効果。


3.  洗濯することで繰り返して利用することができるため、店頭でマスクが手に入らないことに対する国民の皆さまの不安の解消や、増加しているマスク需要の抑制により、医療機関や高齢者施設などマスクの着用が不可欠な方々にしっかり必要な量を届けるという効果。



f:id:Cupidpsyche:20200606164002j:plain



不織布製マスクは最近では店頭に並び出すようになり、品薄感はだいぶ薄れてきましたね。また、材質やデザインなども多様になり選択肢は拡大しています。その他、マスクを手作りする方も増えています。まだしばらくはマスク着用が続きますから、その時の用途に合ったマスクを選ぶようにしましょう。