そして男は時計を捨てた・・・

テ-マを設けずに自分が感じた事を綴っていきます!どんどん更新していくので、応援よろしくお願いします🙇

楽器を持たないパンクバンドBiSHからの「手紙」

f:id:Cupidpsyche:20200802172307j:plain



新型コロナウイルスの流行はとても悲劇で残念だけれど、だからこそ生まれた作品だってあるのです。楽器を持たないパンクバンドの存在を知っていますか?



彼女たちはBiSH(ビッシュ)といいます。メジャ-デビュ-から4年、動員数を着実に増やしながら昨年は大阪城ホ-ル公演もソ-ルドアウトし、ここ1年の間で地上波テレビ出演もぐっと増えました。今まさに快進撃の真っ只中を行く彼女たち。



もともとはライブにも定評のあるバンドだけに、本当ならば今年の夏はフェスなどでもそのパフォ-マンスを堪能することが出来たはずです・・・しかし、こんな時でも自粛で終わらないのがBiSHの魅力なのかもしれません。



f:id:Cupidpsyche:20200802172424j:plain



発売予定だったタイアップ曲3曲に新曲4曲を加えて、シングルをアルバムとして発売することにしたのです。それがニューアルバム「LETTERS」です。



アニメ「キングダム」のオ-プニングテ-マとしてすでにデジタル配信されていた「TOMORROW」、他タイアップ曲「ぶち抜け」「co」の3曲はどれもライブでは盛り上がることが間違いない作品です。



f:id:Cupidpsyche:20200802172444j:plain



しかし、彼女たちがこのニューアルバムに込めた思いは、新しく作られた楽曲にこそ、つめこまれているのかもしれません。



あまりにも突然に世界が変わってしまった今だからこそ、私たちがどうするべきかを優しく、時に力強く語りかけてくる「LETTERS」をはじめ、ライブハウスやミュ-ジシャンが苦境に立たされている中で音楽への賛歌を歌う「ス-パ-ヒ-ロ-ミュ-ジック」など。



従来のようにライブを楽しむことは、残念ながら今は無理で、この先出来るかどうかは先行きは不透明です。それでも音楽はここにあり、音楽は鳴らされ、音楽は私たちを救ってくれます。


彼女たちから渡される「手紙」は、先の見えない状況へ立ち向かおうとする私たちに力強くあれ!と、そう伝えているような気がしてなりません。