そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 博士と狂人」

f:id:Cupidpsyche:20201017170054j:plain



「博士と狂人」 (2020年イギリス、アイルランド、フランス、アイスランド 監督 P・B・シェムラン 出演 メル・ギブソン ショ-ン・ペン)


世界でも有名とされる辞典「オックスフォ-ド英語辞典(OED)」の誕生に隠された異端の学者と精神病患者の友情を実話をべ-スに描き出していきます。




元軍医だったウィリアム・マイナ-(ショ-ン・ペン)は、錯乱して人を殺してしまい精神病院に収監されます。一方オックスフォ-ドでは、14歳で生活苦のために学校を辞めざるおえなくなり、それ以降、独学によって幾多の言語を習得したジェ-ムズ・マレ-(メル・ギブソン)がOED編纂の責任者に抜擢されます。


f:id:Cupidpsyche:20201017170200j:plain



マレ-は一般人から英単語と用例を募集して、マイナ-がそれに応じることで、やがて二人の交流が始まっていきます。




殺人を犯してしまったマイナ-を大切な友人としていつも接するマレ-、自身の夫を殺害したマイナ-を憎みながらも、いつしかそのマイナ-に愛情を感じ始めていくイライザ、マイナ-を信頼し援助する看守などが、スト-リ-に深みを与えていきます。



また、南北戦争の中で精神を病んでしまい、自責の念にかられて苦悩するマイナ-が、辞典作りを通して人間性と人権を取り戻していく様子をショ-ン・ペンが迫真の演技で表しています。


f:id:Cupidpsyche:20201017170219j:plain


この作品は、20年前に映画化権を取得していたメル・ギブソンが執念で映画化に漕ぎ着けた作品です。


大辞典誕生の過程の中で生まれた魂の交流を、みなさんもご覧になってください!