そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 みをつくし料理帖」

f:id:Cupidpsyche:20201020093741j:plain



「みをつくし料理帖」 (2020年日本 監督・角川春樹 出演・松本穂香 石坂浩二 窪塚洋介)


角川春樹監督が高田郁の料理時代小説を映画化しました。



江戸時代後期の大坂で8歳の澪と野江はまるで姉妹のように仲良しでしたが、大洪水によって生き別れになってしまいます。それから10年がたち澪(松本穂香)は、江戸で種市(石坂浩二)のそば処で女料理人になっていました。一方、野江(奈緒)は吉原で幻の花魁・あさひ太夫となっていました。


f:id:Cupidpsyche:20201020094107j:plain


澪の料理は上方味で侍の小松原(窪塚洋介)が注文をつけます。苦心して作った理想のだしを大店に盗まれる中、又次(中村獅童)という男に持ち帰りの料理を頼まれます。



両親を失った澪を拾ってくれた芳(若村麻由美)がともに暮らし、まるで母のように澪を支えます。



上方の味つけを江戸風にしたり新しいだしを作ったりして料理に身をつくし続ける澪。そしてその腕前を優しく見守る種市。お客たちの食べ物への注文に、新しい料理を出していきます。たとえ、味が盗まれても火事にあっても、おいしい味で仕返しをと料理を探究していきます。



f:id:Cupidpsyche:20201020094127j:plain



文句の多い戯作者や御膳奉行にも「いい味」といわせ澪にさらに嬉しいことが待っていました・・・



澪の作る「とろとろ茶碗蒸し」などが、人と人をつなぐ名物料理になっていきます。



本作は、食べるということは命の根っこであり、さらには友情をよみがえらせる力にもなっていくという素敵な人情ばなしなのです。