そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Jリ-グから羽ばたいていった外国人選手たち

f:id:Cupidpsyche:20201026093538p:plain



Jリーグの歴史を紐解けば、外国籍選手の存在を抜きには語ることは出来ません。規格外のパフォーマンスで今季のJ1を席巻する柏レイソルのオルンガのように、いつの時代も強烈な"助っ人たち"がチームの浮沈を左右する影響力を放っているのです。



しかし一方で、来日時には無名であっても、Jリーグで下積み生活を送り、のちに世界に羽ばたいていった選手が存在するのも確かです。Jリーグで研磨を積み、母国の代表にまで上り詰めた選手たちにはどんな選手がいるのでしょうか。



その筆頭は、リーグ黎明期にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に在籍したアモローゾ選手です。



f:id:Cupidpsyche:20201026094015j:plain



1992年7月にブラジルのグアラニからの期限付き移籍で加入した19歳のストライカーは、サテライトリーグで結果を出しながらも、当時最強を誇ったV川崎の分厚い選手層に阻まれました。外国籍選手枠の影響も受け、ついにJリーグの舞台に立つことがないまま、帰国の途についたのです。


その意味ではJリーグの経験がのちの成長を促したとは言い難いのですが、日本一のタレント軍団のなかに身を置いた日常が、伸び盛りのティーンエイジャーのポテンシャルを華々しく開花させたことは想像できると思います。


グアラニに復帰した1994年、アモローゾ選手はブラジル全国選手権で得点王となると、ついには欧州移籍を実現し、イタリアではウディネーゼで、ドイツではドルトムントでそれぞれ得点王に輝いているのです。


その他に、京都パープルサンガでプレーしたパク・チソン選手。


f:id:Cupidpsyche:20201026094028j:plain



韓国の大学に在学していた2000年に京都に加入すると、J2に降格した2001年にレギュラーに定着。豊富な運動量と高い攻撃センスを駆使し、1年でのJ1復帰に貢献しました。


翌2002年はウイングにポジションを移し、松井大輔、黒部光昭と強力な3トップを形成。同年の天皇杯優勝を置き土産に、オランダのPSVへと旅立っていきました。


PSVを経て加入したマンチェスター・ユナイテッドでの活躍は、周知のとおり。献身性と汎用性を武器に7シーズンに渡って主力としてプレーし、大事な試合で結果を出す勝負強さも光りました。


2000年から2011年まで名を連ねた韓国代表キャップ数は100。アジアサッカーの歴史にその名を刻む偉大なプレーヤーの原点もまた、Jリーグにあったのです。


コートジボワール代表に上り詰めたドゥンビア選手も、Jリーグからのし上がったワールドクラスのひとりです。


f:id:Cupidpsyche:20201026094046j:plain



2006年、19歳の時に来日し、柏レイソルでプレー。切れのあるドリブルを駆使してガムシャラにゴールに向かうアタッカーは、一方でプレーに波があり、在籍2シーズンで主軸とはなりえなかったのです。


しかし、2008年に徳島ヴォルティスにレンタル移籍すると、16試合で7得点とゴールを量産。そして同年には日本で行なわれたキリンカップでコートジボワール代表デビューを果たしています。


その後、スイスのヤングボーイズに移籍したことで、日本では大きなインパクトを放ったわけではないのですが、本田圭佑と同僚となったCSKAモスクワでは2度の得点王に輝き、のちにイタリアやイングランドでもプレー。2010年のワールドカップにも出場するなど、輝かしいキャリアを歩んでいるのです。


Jリーグ経由で世界に羽ばたいた"出世頭"たち。変わり種では、浦和レッズでブレイクし、のちに国籍を取得したカタールで代表となったエメルソン選手もいます。しかし、当時のルールでは資格がないことが明らかとなり、代表での実績よりも、その騒動のほうが話題となりました。



f:id:Cupidpsyche:20201026094344j:plain



"出世頭"の4人に共通するのは、若くして来日したことにあります。そして、試合経験にかかわらず、そのポテンシャルを刺激する文化や土壌がJリーグにはあったことを示しています。


現在のJリーグにも、浦和のレオナルドをはじめ、二十歳前後で日本にやって来た選手は数多く在籍します。Jリーグで揉まれた彼らが今後、ワールドクラスになる可能性も十分にあるはずです。今のうちにその雄姿を目にしっかりと焼きつけておくことをおすすめしたいと思います!