そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

2020年度グッドデザイン大賞は世界初の〇〇!

f:id:Cupidpsyche:20201102201832j:plain



「2020年度グッドデザイン大賞」に選ばれたWOTAの自律分散型水循環システム「WOTA BOX」です。


日本デザイン振興会は2020年10月30日、「2020年度グッドデザイン大賞」および「2020年度グッドデザイン特別賞各賞」をオンラインライブイベント内で発表しました。


「2020年度グッドデザイン賞」を受賞した1395件から選出された、グッドデザイン大賞候補(5件)がそれぞれ4分間の最終プレゼンテーションを実施し、審査投票の結果、WOTAの自律分散型水循環システム「WOTA BOX」が2020年度グッドデザイン大賞に選ばれました。


グッドデザイン大賞候補には、WOTAの他、VUILDの「まれびとの家」、日本環境設計の「BRING」、東京都の「東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト」、Taiwan Design Research Instituteの「Design Movement on Campus」がノミネートされました。



f:id:Cupidpsyche:20201102202059j:plain




WOTA BOXは「世界初」(同社)をうたう“持ち運べる水再生処理プラント”で、独自開発の水質センサーとAI(人工知能)技術によって、浄水処理と排水処理を両立し、生活排水の98%以上を再利用でき、水道水以上の水質(安全性)を保つことが可能だといいます。


f:id:Cupidpsyche:20201102202106j:plain



WOTA 代表取締役社長 CEOの前田瑶介氏は「従来の水処理は、酒蔵のような高度な職人の世界であり、五感や経験則に基づき処理を行っていた。われわれは、あらゆる水処理を制御するために、高額だった水処理センターを100分の1程度にまで低価格化し、大量のデータを取得できるようにして、それらデータを基に“職人技”を機械学習で数理モデル化した。これが普及して、データがたまればたまるほど水処理の性能が向上していく」とコア技術について解説しています。



また、WOTA BOXは高い拡張性を備えており、シャワー、手洗い、洗濯などさまざまな水回りとの接続を可能にします。既に、災害時における避難所などへの導入実績もあり、災害時に重要となる“衛生のための水”の供給を実現してきました。その他にも、スポーツイベントや屋外レジャーといったシーンでも活用されており、暮らしの中における自由で柔軟な水の供給を可能としているのです。