そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

みなさんはITのデジタル化に夢を見ますか?前編

f:id:Cupidpsyche:20201103092906p:plain



みなさんはデジタル化に夢を見ますか?ここに記されたことは、数十年先には当たり前となるかもしれません。その当たり前とは、公共セクタ-ITのデジタル化です。


デジタルトランスフォーメーション(DX)は民間、公共を問わず、あらゆる業界でほぼ全組織が目指す究極の目標となりました。デジタル化は、クラウドやビッグデータといったサービスやシステムを使って既存のプロセスの効率と効果を高めることを伴います。



DXについては盛んに宣伝されているものの、現場のデジタル化の現実には失望することもあります。業界団体Cloud Industry Forumの統計が、進展が乏しい現実を物語っているのです。イギリスでは完全な形のDX戦略を定めている組織はわずか4分の1程度(28%)にすぎません。



f:id:Cupidpsyche:20201103093148j:plain



公共セクターは特に、進展状況に幅があります。Gartnerによると、政府機関のCIO(最高情報責任者)は完全な形のデジタル戦略の策定に苦慮しているといいます。実際のところDXという用語は、公共セクターにおいてはサービスのオンライン化やレガシーのモダナイズ追求といった、より控えめなITプロジェクトを指しています。




公共セクターのDXは、完全なデジタル化ではなくフォーカスがかすかに変わっただけのように見えることもあります。それでも落胆することばかりではないのです。公共セクターには、デジタル化を求める声を、組織をもっとうまく機能させる方向に変化させるチャンスに転換させているCIOもいるのも確かです。



Pension Protection Fund(PPF)のサイモン・リステ氏は、2018年末にCITO(最高情報技術責任者)に就任して以来、組織内に戻すITを増やすことに重点を置いてきた1人です。それまでPPFは、ガバナンスやセキュリティ対策、アーキテクチャ、サービスデリバリーといった要素を含め、IT業務の大部分をマネージドサービスプロバイダーに委託していました。


リステ氏は、自身の尽力でもたらした変化についてこう説明しています。


「われわれは現在、インソーシングとアウトソーシングのハイブリッドプラットフォームを運営している。内部リソースのみに依存するIT部門は望まない。PPFにとってのリスクを低減するため、われわれはこの2つを組み合わせたアプローチを取っている。内部リソースと外部リソースの間で満ち引きができる状態にあることを知っておきたい」



リステ氏は、同組織のサービスのデジタル化を支援するために自らが開発したハイブリッドプラットフォームを使っています。今後数年の主要目標は、職員がどんな端末を使っていても、いつでもどこからでもPPFのアプリケーションを利用できる状態にすることにあります。



リステ氏はまた、PPFのサービスに頼っているPPFメンバーがさまざまなデジタルチャネルや端末を使って確実に同組織に接触できるようにしたいと考えています。自らつくり出したインソーシングとアウトソーシングの組み合わせは、デジタル化の需要が高まったときに外部のプロビジョニング経由で拡張できる可能性を秘めていると言います。



「つまり私は自分のケーキが欲しいと思い、間違いなくそれを食べたいと思う。社内の技術的能力を求めると同時に、外部に切り離された別のパートナーも持ちたいと思う。そこでセキュリティパートナーやサービスデリバリーパートナー、プロジェクト管理パートナーと連携する。だが、そうしたパートナーは全て切り離されているので、互いの間で真に健全な競争がある」



リステ氏のアプローチは、それは公共セクターの草分け的なCIOがデジタル化の時代においていかにITの役割について再び考え始めているかを物語ります。そうした技術責任者は、純粋な外部委託のモデルからプロビジョニングのバランスを保つ方法を考えるモデルへとシフトしているのです。そこでは組織がリソースと能力を保持しながら、適切な時期にアプリケーションをクラウドに移行させることができます。



f:id:Cupidpsyche:20201103093237j:plain


Northampton General Hospital NHS TrustのCIO、ヒューゴ・マシアス氏もオンデマンドITを支持する1人です。実際に彼は、公共セクターのIT責任者が外部サービスのプロビジョニングを活用しようとしないのは嘆かわしいとの考えを持ち、「誰もがクラウドの恩恵を受けられると思う」と語っています。



マシアス氏は情報主導の病院を作り出したいという考えを持っています。そこでは紙ベースの記録への依存を断ち切って情報をデジタル化し、ナレッジを共有してヘルスケアの向上に役立てることができる。既に進歩はある。同組織はAlfrescoのコンテンツ管理技術を使って選択的経路管理を把握する一助としている。



管理すべき外来予約が年間30万件に上る中、組織を横断する患者の診療向上にデジタル化を役立てたいとマシアス氏は言います。同氏によると、DXプロジェクトの成功はIT部門とそれ以外の部門との間で共同のアプローチを持つことが鍵を握るといいます。基準は重要な役割を果たし、機能横断的なインテグレーションを支えるためにはCIOができる限り開かれた姿勢を保つ必要があるのです。



マシアス氏は言います。「協調的、結合的なアプローチを取り、オープンスタンダードへの移行を視野に入れなければならない。そうすれば、クラウドの活用はずっと容易になる。そうすることで統合エンジンのような分野にそれほどの労力は必要なくなり、適切な情報が適切な形になる。オープン標準を採用すれば、誰にとってもずっとやりやすくなる」


後編へ続きます!