そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

ロボットに人間が労働を奪われる時が来るかもしれない!

f:id:Cupidpsyche:20201106205137j:plain



世界経済フォーラム(WEF)の調査によると、中・大規模企業で今後5年間に8500万人分の雇用がロボットに奪われると予想されています。新型コロナウイルス感染拡大で職場の変革が加速し、格差が拡大するとみられているからです。



調査は世界の約300社の企業を対象に実施されました。それによると、企業幹部の5人中4人が業務のデジタル化と新技術導入計画を加速させていて、2007/08年の金融危機以来回復していた雇用が相殺されているというのです。


f:id:Cupidpsyche:20201106205421j:plain



つまりは、新型コロナウイルスが、仕事の未来の到来を速めたということになります。


労働者が現在の役割を向こう5年維持するには、半分が新たに技術を習得する必要があります。2025年までに雇用者が配分する仕事の割合は人と機械とで均等になる見通しなのです。





世界的に、データ入力や経理、管理業務は人よりハイテク技術が活用され、全体的に雇用創出のペースが鈍化し、雇用喪失のペースは加速しているのです。


一方、ケアエコノミー、人工知能(AI)などのハイテク産業、コンテンツ制作の部門では970万人以上の雇用が創出される見通しです。


人間が比較的な優位を維持するとみられる業務は、経営、助言、意思決定、論理的思考、意思疎通、相互交流などです。


グリーンエコノミー、最先端のデータおよびAI機能、エンジニアリングの新たな役割、クラウドコンピューティング、商品開発などの分野の人材の需要は高まると予想されています。


この調査に回答した企業の約43%が技術統合に伴う人員削減を計画し、41%が契約社員活用の拡大を計画、34%が技術統合に伴う人員増強を見込んでいました。


f:id:Cupidpsyche:20201106205435j:plain



以前、僕は記事の中でタイラ-・コ-エン氏の書いた「大格差」という書籍を紹介しました。そこにはやがて人間はロボットに労働を奪われる時がやってくることが書かれてありました。どうやらコロナ禍の中で、それはより現実味を帯びてきたのかもしれません・・・


それはユートピアか? それともディストピアか?