そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

あれだけ貴重品だったマスクが今は普通に買えることに感謝!!

f:id:Cupidpsyche:20201107203704j:plain



2020年2月~3月にかけて、それまでドラッグストアに行けば当たり前に買えた「マスク」が、一転して貴重品になりました。いわずもがな、それは新型コロナウイルス対策のためですが、医療従事者にさえ満足に物資が行き渡らない中、マスクが手に入らない不安を抱え過ごす日々だった…というのは、説明するまでもないことです。



当時、家電メーカーでありながらも、マスク製造に乗りだしたのがシャープです。2020年4月27日に個人向けのマスクが販売開始されると、470万6,385人(第1回抽選販売)もの応募が集まりました。



あれから約半年あまり、一時の品不足は落ち着き、ドラッグストアの店頭にもマスクが並ぶようになりました。そんな折、シャープは2020年9月に、マスクの「小さめサイズ」の製造・販売を発表して注目されているのです。



f:id:Cupidpsyche:20201107204027j:plain



なぜ、シャ-プはこのタイミングで取り扱いサイズを拡充したのでしょうか。



「シャープのマスク」が一般向けに発売されたのが2020年4月、約半年が経過したこのタイミングで「小さめサイズ」を追加したのは、かねてから要望があり、より幅広い方々のニーズに対応するためだったといいます。



大は小を兼ねるとはいうものの、身に着けたとき顔とマスクの間に余裕があるのは不安要素でもあります。消費者ニーズを受けて発売された小さめマスクには、これまでのマスクではサイズが合わなかった人たちから好意的な反響が寄せられているそうです。


ともあれ、私たちの日常に再び帰ってきた不織布のマスク。春先のような高額ではないという実感はあるのですが、中には布マスクも併用してやりくりしてきた人もいるでしょう。 改めて「在庫速報.com」が発表している価格推移を見てみました。2020年10月時点では、1枚あたりの相場は、国産マスクで平均46円、産地問わず最安値のマスクは平均8円でした。



現在、多くの箱入りマスクが1箱50枚入りで売られていることを考えると、市場価格は400円~2,300円となります。2020年4月の最も価格が高止まりしていた日(4月13日)の数値で同じ計算をすると、当時の市場相場は2,750~4,000円だったのです。



f:id:Cupidpsyche:20201107204050j:plain



そして、シャープのマスクはというと、サイズ問わず同額で2,980円(税別、50枚入り)。市場からマスクが消えた時期としては底値に近いのですが、供給が回復した今となっては少々割高感があるのは否めません。通販限定のため、全国一律で660円の送料が追加されると総額が約4,000円です。状況が急変したので致し方ない面はありますが、現在の状況においては、プレミアム価格帯の商品と言えそうです。



f:id:Cupidpsyche:20201107205311j:plain



通販限定のシャープのマスク、今後変更はありえるのでしょうか。


小さめマスクも、これまで同様、直販サイト「SHARP COCORO LIFE」の抽選販売で提供されています。初回抽選の応募者は127,187人。発売当初の470万人という数字と比べれば少なく感じますが、単なる通販ではなく、抽選というハードルがあるなかでこの数字はかなりのものだと思います。



しかも、小さめマスクは、生産立ち上げが順調に進んだこともあって、予定販売数量の5,000箱から10,000箱へと増量されました。通常サイズは抽選1回あたり87,000箱を販売しています。小さめサイズのマスクについても、シャ-プは、需給動向を見つつ、製造・販売数量を検討していくと述べています。