そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

日本が世界に影響を与えたスゴいモノ!

f:id:Cupidpsyche:20201107135005j:plain



中国のポータルサイト・百度。そのサイトに中国を変え、世界を変えるほどのインパクトを持った日本人の発明品を紹介する記事が掲載されていました。これは面白そうだと思ったので、みなさんにも紹介してみたいと思います。



f:id:Cupidpsyche:20201107135132j:plain



まず記事が最初に挙げていたのは、インスタントラーメンです。日清食品の創業者・安藤百福氏が1958年に開発したインスタントラーメンは、当時において画期的な製品で、その簡便さとおいしさからたちまちヒット商品となり、日本社会に「インスタント」の時代をもたらしたと紹介しています。そして、その影響は日本だけにとどまらず、今では世界各国で多くの人から愛されているとし、中でも中国は最大のインスタントラーメン消費国になったと伝えています。



f:id:Cupidpsyche:20201107135138j:plain



次に挙げたのは、QRコードです。デンソーの開発部門が1994年に完成させ、発表したもので、当初は工場の在庫管理用として作られ、商業利用されなかったのです。そして2010年代に入ると中国でQRコードが盛んに商業利用されるようになり、今や中国国内のいたるところで見かけるようになったと伝えています。中国人の支払い習慣を大きく変え、キャッシュレス社会の発展を後押ししたのです。



f:id:Cupidpsyche:20201107135145j:plain



さらに、東芝が1955年に発売した自動式電気炊飯器。農村に赴いてデモンストレーションを行うなどの地道なプロモーションもあって徐々に浸透していき、高度経済成長期の生活習慣の変化に伴って爆発的な普及を生んだするとともに、65年が経過した現在でも家庭のキッチンの必需品として不動の地位を保っていると伝えています。



f:id:Cupidpsyche:20201107135151j:plain



そして、最後に挙げたのは、なんと!胃カメラです。もともと西洋には胃カメラに似た発明品があったもののすぐに故障するなど実用性は低かったとした上で、日本企業の開発グループが1950年に「腹腔内臓器撮影用写真機」の実験機を作り、その後改良が重ねられて1956年に本格的に実用化されたと紹介しています。



この他にもフラッシュメモリ、青色LED、カラオケ、消せるボールペンなど、今や生活の一部分となっている多くのものが日本で発明されたと紹介しています。


現在の豊かな物質社会や経済の発展は、エンジニアたちの思考や研究によってもたらされたものなのだ
と評しているのです。


紹介しただけでも、いかに日本で作られた技術が世界に影響を与えているのかが分かります。今さらながら、こう思います!


「日本って、スゴい!」😊