そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

Picture book 「 罪の声」

f:id:Cupidpsyche:20201107162744j:plain



「罪の声」 (2020年日本 監督 土井裕泰 出演 小栗旬 星野源)


食品会社が次々に標的にされ、社長誘拐、身代金要求、毒物混入などが発生した昭和の未解決事件。その事件をモチ-フにして、犯罪に巻き込まれてしまった子供たちのその後の人生をスリリングに描いていきます。塩田武士の同名原作を土井裕泰監督が映画化しました。



f:id:Cupidpsyche:20201107162935j:plain



物語は平成が終わろうとする頃、大日新聞大阪本社の文化部記者の阿久津(小栗旬)は、社会部で活躍した過去を買われて、35年前の未解決事件「ギンガ・萬堂事件」特集の担当に選ばれます。



一方、京都でテ-ラ-を営む曽根(星野源)は、妻子と幸せな日々を送っていました。ある日、曽根は父親の遺品から見つけたカセットテ-プを何気なく再生し、言い知れぬ衝撃を受けます。



幼い頃の自分の声が読み上げていたもの・・・それは、かつての未解決事件で犯人が身代金の受け渡しに使用した脅迫テ-プとまったく同じ文章だったのです。



f:id:Cupidpsyche:20201107162953j:plain



手探りの取材を積み重ねていく阿久津は、ついに曽根のもとにたどり着きます。曽根は最初こそ反発するものの、真実を追求するために阿久津と手を取ります・・・


正義、そして罪とは何なのかを、阿久津が社会部を去った理由を絡めながら真実を浮かび上がらせていく脚本が見事です。そして、その脚本に答えるように出演の2人の抑えた演技が光っています。


本作は、たとえ深く絶望したとしても希望は再び掴むことが出来るのだと訴えかけています。