そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

ジョ-・バイデン氏とカマラ・ハリス氏はどんな人なのか?

f:id:Cupidpsyche:20201108150939j:plain



2020年11月3日に投票されたアメリカ大統領選挙で、民主党のジョー・バイデン氏の当選が、確実となりました。事態がこのまま進めば大統領として超大国アメリカの舵取りを担うことになるバイデン氏と、女性初の副大統領となるカマラ・ハリス氏。


それでは、2人はどんな人で、どんな政治手腕を持っているのでしょうか?



f:id:Cupidpsyche:20201108151254j:plain


ジョー・バイデン氏は1942年11月20日生まれの77歳。ペンシルベニア州出身。1月に大統領に就任すると、2017年に当時70歳で就任したトランプ氏の記録を更新し、歴代最高齢の大統領となります。


バイデン氏は28歳でニューキャッスル郡議会議員に立候補し当選。その後、29歳で連邦議会の上院議員に初当選し、36年にわたってデラウェア州選出の上院議員を務めました。


その後、2009年にはオバマ政権で副大統領に就任しオバマ氏を支えました。


政治歴、行政経験、軍歴のいずれもない史上初の大統領のトランプ氏とは正反対に、長年にわたり議会政治に深く関わってきた、いわば「プロの政治家」なのです。


2020年大統領選に向けての民主党内予備選では、急進左派のバーニー・サンダース氏らを抑え、党の候補者となりました。恐らくその経験と安定感を買われたと言えるでしょう。


すでに、大統領に就任すればすぐに気候変動に関するパリ協定に復帰する考えを示していて、外交面ではさまざまな国際協定や国際機構からの脱退を続けてきたトランプ路線の修正を図ることになりそうです。


内政面では、分断の広がった国内の融和をどう図るか、さらに議会上院で引き続き過半数を占めるとみられる共和党だけでなく、民主党内で噴き出しがちな異論をどうするかも、大きな課題となりそうです。


バイデン氏は上院議員に初当選した直後、当時の妻と1歳の娘を不慮の事故で失っています。その後は再婚するまでシングルファザーとして2人の息子を育てあげました。


上院議員時代は生活拠点をワシントンD.Cへ移すことはなく、子育てをしながら暮らすためデラウェア州にとどまり、自宅のあったウィルミントンからワシントンD.Cまで往復4時間かけて通勤し続けたといいます。


利用していた地元ウィルミントンの駅は2011年に「バイデン駅」と命名されているほどです。


LGBTQに対する差別を禁じる「平等法」成立を最優先課題の1つに掲げているほか、トランプ政権のもとで離脱したパリ協定への復帰を表明し、気候変動の問題に取り組む姿勢を示しています。


しかし一方で、年齢を不安視する声や失言の多さを懸念する声もあります。また、過去には性的暴行を行った疑惑が浮上し、釈明を行っています。



f:id:Cupidpsyche:20201108151338j:plain



カマラ・ハリス氏は1964年、カリフォルニア州生まれの56歳。父はジャマイカ出身の経済学者、母はインド出身のがん研究者でした。「カマラ」という名は、ヒンドゥーの女神にちなんだ名で、母がつけたといいいます。


ハリス氏はカリフォルニアの法科大学院を卒業後、検事となりました。


そこからは先は「初」づくしの人生です。女性、そして黒人として初のサンフランシスコ地方検事、さらにはカリフォルニア州司法長官となりました。さらには2016年、カリフォルニア州選出では黒人女性として初めての上院議員となりました。


司法長官時代は、「同性間の結婚を認めない」という保守派から提案され一度は住民投票で可決された州憲法改正に反対する意向を示し、最高裁に司法長官として、この改正案は違憲だという意見書を提出。最終的に最高裁判決で改正案は無効となり、カリフォルニア州は同性婚の受け付けを再開しました。


上院議員としては、民主党内ではバイデン氏と近い中道穏健派とみられてきました。


新型コロナウイルス対策と並ぶ2020年最大のアメリカの国内問題は、「ブラック・ライブズ・マター(黒人の生命も大切)」運動でした。


その背景にあるのは、警察官の黒人に対する過剰な暴力行使の問題と、それによる警察不信にあります。


ハリス氏には、警察と連携して捜査に当たる検事として長年、勤務してきた経験と、父の影響で黒人教会の礼拝に通っていたという自らのバックグラウンドがあります。


これらを活かし、ハリス氏がBLM運動や警察改革などの面でどう動くかが、今後の内政面での大きな焦点になりそうです。



f:id:Cupidpsyche:20201108151550j:plain


今後、アメリカはどうなっていくのでしょうか?成り行きを見守りたいと思います。