そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

激化する「ショートムービーアプリ」は戦国時代へ突入した!

f:id:Cupidpsyche:20201113203003p:plain



みなさんは、「次のTikTok」になるのはどのアプリだと思いますか?
今、TikTokに代表されるショートムービー市場の競争が過熱しているようです。



縦型でモバイルに特化した設計、短くわかりやすいコンテンツ、動画ファースト……Z世代の心を常に掴んできたTikTokですが、米中関係の悪化によりアメリカでは運営に不安もくすぶります。



台頭する新興アプリ勢力はコロナ禍の在宅シフトの影響を受けてダウンロード数を伸ばしていますが、ここから「第2のTikTok」となるアプリは生まれるのでしょうか?


まず「ショートムービーアプリの王者」TikTokとはどういうアプリなのでしょうか?



TikTokは中国企業「バイトダンス(ByteDance)」が2016年に開始しました。中国国内版の「抖音(ドウイン)」と海外版の「TikTok(ティックトック)」の2種類のアプリを展開しています。



バイトダンスは2017年にアメリカの動画共有アプリ「musical.ly(ミュージカリー)」を約10億ドル(約1000億円)で買収したのを機にアメリカでの事業を拡大しました。これまでに全世界の月間アクティブユーザー数(以下、MAU)は6億8900万人、累計20億回ダウンロードされたアプリに急成長しました。



ブルームバーグの報道によれば、バイトダンスの企業価値は1800億ドル(約18兆9600億円)とも言われ、Z世代を中心に言葉の壁を超えて楽曲やダンスでコミュニケーションを取る文化を確立したのです。


一方でアメリカでの事業には懸念もあります。トランプ政権は2020年8月以降、個人情報が中国政府に悪用される懸念があるとして、中国IT大手のアプリの禁止措置に乗り出しました。



2020年11月13日、米商務省は措置に反対する連邦地裁の求めに応じ、TikTokの利用禁止措置の発動を見送ったと報じられました。運営が不透明な中、いくつかのアプリが「第2のTikTok」の座を狙いダウンロード数を伸ばしているのです。



f:id:Cupidpsyche:20201113203806j:plain



「第2のTikTok」としてまず挙げられるのが、2017年にローンチし全世界1億5000万人(MAU)を誇る「Likee(ライキー)」です。運営は「Bigo Technology Pte. Ltd.」。日本にも上陸しているライブ配信アプリ「BIGO LIVE(ビゴライブ)」を展開する中国企業「JOYY Inc.」の傘下の会社です。



ショートムービー共有とライブ配信機能がセットになっていて、ギフティング(投げ銭)でコンテンツを収益化できるのが特徴といえます。



しかし中国企業ゆえ、インドでは7月にTikTok同様、使用禁止となってしまいました。TikTok同様、米中関係によってアプリの運営が左右されるという懸念もあります。



f:id:Cupidpsyche:20201113203212j:plain



中国勢に対抗するアメリカ発のアプリには「Byte(バイト)」「Dubsmash(ダブスマッシュ)」があります。TikTokに比べると規模は小さいのですが、独自性を打ち出してマネタイズを図っています。



バイトは6秒ムービーで一世を風靡した「Vine(バイン)」の後継アプリです。Vineの共同創業者であるドン・ホフマン(Dom Hofmann)氏が2020年1月にローンチしました。コメディ、ペット、ホラーなどのジャンルの動画投稿が多くみられます。



f:id:Cupidpsyche:20201113203255j:plain



ダブスマッシュは、2018年末にシカゴのラッパーが歌う「Envy me」を起点としたダンスチャレンジが生まれ、曲がバイラルヒットとなったことから、インディーズのヒップホップカルチャーに上手く入りこんでいます。



またGPSでの追跡を行わないことを明確にしていて、若年層も多いユーザーのプライバシーを尊重し、安全性を高めることでTikTokに対抗しています。


いずれのアプリもTikTokと差別化を図ってはいますが、弱点もあるのです。それは、楽曲コンテンツが少ないという問題です。


f:id:Cupidpsyche:20201113203344j:plain



そこをカバーしているのが、アメリカで2015年からサービスを開始している「Triller(トリラー)」です。



トリラーの特徴を一言で表すと「楽曲を広めたいアーティストのための試験場」。ソニー・ミュージックやワーナーミュージック、ユニバーサルミュージックなど世界最大級の音楽レーベルと契約し、充実した楽曲コンテンツを揃えています。



ユーザー発信のオリジナル音源のアップは可能ですが、他のユーザーはそのオリジナル音源を使用することはできません。あくまでアーティストが発信した楽曲のみ、ユーザーは動画に使用できる仕組みになっています。


さらに、ユーザーが好みの曲に合わせて撮影・投稿した複数の動画の中から、人工知能が最良の部分を自動でつなぎ、まるでプロが制作したかのようなミュージックビデオに編集してくれるのです。AppleMusicなどと連携して、投稿画面から楽曲サブスクリプションサービスへ、直接リンクされているのも特徴といえます。



アメリカではTikTok同様、音楽業界に与える影響も大きく、新曲の発表のために試験的に楽曲をトリラーで公開するアーティストも多いのです。米ビルボードは7月、トリラーのチャート「TOP TRILLER GLOBAL」を新設しました。


一方、既存のSNSやプラットフォームから機能を拡張しているケースも目立っています。



f:id:Cupidpsyche:20201113204126j:plain


インスタグラムは8月、日本でもショートムービー機能「Reels(リール)」をリリース。TikTokのコピーとも報道されましたが、TikTokと比べても楽曲も充実しています。


リールとTikTokとの違いとしては、リールではインスタの世界観を重んじた、よりおしゃれな投稿が「いいね!」をもらいやすいといいます。



TikTokではアカウントの匿名性が高く、コメントをつけやすいため、ツッコミ要素のある動画ほどコメントが増える傾向があります。そうしてエンゲージメントが高まればおすすめページに表示され、さらに拡散される仕組みになるのです。



しかし顔出しや本名で登録していることも珍しくないインスタグラムでは、千や万単位のフォロワーを擁するインフルエンサーでもない限り、基本的にフォロー外からのリアクションは薄いため、だからこそ、一発のウケ狙いよりも、より洗練された動画がトップに上がりやすい印象です。



f:id:Cupidpsyche:20201113204209j:plain



20億人ユーザーを誇るYouTubeも、TikTok同様に動画に楽曲を付けられる「Shorts(ショーツ)」を9月からインドでテストとして開始しています。


公式サイトによれば「数か月以内に、さらに多くの国に拡大したい」としており、日本でも近く実装される可能性があります。


f:id:Cupidpsyche:20201113204252j:plain



また世界で日間アクティブユーザー数(DAU)2億4900万人の「Snapchat(スナップチャット)」も新しく動画に音楽を付けられる機能をスタートさせる計画を発表しました。Snapは、2020年内に、広い地域を対象にリリースする予定としています。


また、日本では先月、SHOWROOMとKDDIが協力してバーティカルシアターアプリ「smash.」をリリースしました。



スマートフォン視聴に特化した5~10分程度の短尺映像コンテンツを、音楽・ドラマ・アニメ・バラエティなどの幅広いジャンルで提供します。特徴はユーザー発信ではなくアーティスト発信の動画アプリという点で「縦型コンテンツでありながらも高画質でプロクオリティ」をうたっています。



リリース時には、Hey! Say! JUMPのオリジナルMV・作品の独占配信をしたことで話題を集めました。動画を切り取る「PICK(ピック)」機能を活用することで、コンテンツの一部をSNSでシェアすることもできます。


Facebookは7月、動画共有サービス「Lasso(ラッソ)」のサービス終了を発表しました。ラッソはTikTokと似たサービスで、ユーザーが使った動画に音楽を付けて共有でき、一部の市場に試験的に導入されたが、結局は広く普及せず終了しました。



スマートフォン向けに、クオリティの高い10分程度の動画を配信するアメリカの短編動画配信サービス「Quibi(クイビ)」も年内でサービスを終了します。料金は、広告付き月額4.99ドル(約530円)、広告なしは月額7.99ドル(約840円)で展開し、米ウォルト・ディズニーや中国のアリババなど大企業が出資して注目されましたが、登録者数が伸び悩んでしまい、半年でサービス終了となりました。



ここまで紹介したショートムービー共有アプリを実際に使用してみれば、TikTokに投稿した動画がそのまま転載されているケースを目にすることも多いのです。



ユーザーは個別にコンテンツをつくるのではなく、一つの動画を複数のアプリに投稿しているのが現状で「このアプリだからこそ体験できる」コンテンツの拡充はどのサービスにとっても不可欠な要素。



また大手音楽レーベルの協力が得られないと楽曲ライブラリが満足に使用できないという点、膨大な楽曲の著作権をいかに迅速にクリアするのかは、各サービス共通の課題といえるのかもしれません。



ショートムービー市場に限らず、SNSや動画配信サービスの台頭でユーザーの視聴時間の奪い合いという競争が全世界で激化する中に置いては、TikTokに匹敵するユーザー数を確立するのは、なかなか難しい状況なのでしょう。


「第2のTikTok」の座を射止めるアプリはどれなのでしょうか?みなさんはどれだと思いますか?