そして男は時計を捨てた・・・

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

ス-パ-に強い味方となるかもしれない並ばないレジ!

f:id:Cupidpsyche:20201115092733j:plain



ス-パ-では今、レジに並ぶストレスを減らす効果や、買い忘れの防止など、さまざまなことが求められているのかもしれません。


そんな中、大手ス-パ-イオンリテールはレジに並ばず決済できる「どこでもレジ レジゴー」の導入店を2022年2月末までに現状比約6倍の100店舗に増やす考えでいます。


f:id:Cupidpsyche:20201115092913j:plain



2019年5月から首都圏の「イオン」や「イオンスタイル」で設置を開始し、10月末で計16店舗に導入しました。スーパーマーケット型店舗では商品購入客の3割超が利用し、買い忘れが減り、各店舗の売り上げ増につながっているといいます。さらに2021年2月には計20店舗に導入する考えです。


スーパーに強い味方でもある、画面触れずに会計できるセルフレジの仕組みとはどんなものでしょうか?


レジゴーは店内に設置した専用スマートフォンを使い、買い物客が商品のバーコードをスキャンすると購入商品と金額が表示されます。画面上で購入商品を確認できるため買い忘れが少なくなり、購入総額も一目で分かります。


その後、専用レジで支払いコードをスキャンし、クレジットカードや現金で支払います。主に食料品売り場で稼働していて、来店客の利用も増加しているようです。特に「ファミリー層が多い店舗は利用率が伸びている」といいます。




f:id:Cupidpsyche:20201115092944j:plain


レジゴーは北欧などの小売業者が運用しているレジシステムを参考に、独自にイオンリテールが開発したものです。レジ待ちを回避するだけでなく、「遊び感覚も体験でき、お客に買い物を楽しんでもらう」目的も持たせることに成功したようです。


利用者は子ども連れの比較的若い世代のほか、高齢者も多いといいます。画面操作をわかりやすくしたことが寄与したのかもしれません。利用者のリピーター率は52%で「他の人にも薦めたい」との声が多いようです。



現状では専用スマホを使っていますが、今年度内にも自分のスマホに専用アプリ(応用ソフト)をダウンロードして使えるようにする計画でいます。レジゴー利用者にポイントを付与するなどのキャンペーンも始めるようです。



利用拡大には当然、認知度も重要になるため、同一エリア内で集中的に導入していくようです。


イオングループ傘下のカスミは自分のスマホカメラを使う「スキャン&ゴー」を展開していますが、レジゴーとのシステム統合などの計画は今の所は無いようで、まずはそれぞれのシステム導入店を増やしていく計画でいます。

やがては、ス-パ-のレジに並ばなくてよくなる時代が来るのかもしれませんね😉