そして男は時計を捨てた・・・ひとり編集長の冒険

ブログ「そして男は時計を捨てた・・・」は、 みなさんの知らなかった知識や情報入手をお手伝いしていきます。ぜひこのブログを活用して、みんなで勉強していきましょう!画像のないテキスト中心のブログです👍毎日、記事更新中!土、日は更新多めです。たくさん更新するよ😚いろんな人たちにシェアしていってください👍1万記事を目指してひとり編集長はがんばります❗編集長と一緒に冒険しよう😊 

今年はあなたも誰かのサンタになりませんか?

f:id:Cupidpsyche:20201115135140j:plain



もうすぐ、クリスマスがやってきます。2020年は例年のクリスマスとは違い、コロナ禍でのクリスマスとなるのが少し残念ですが、2020年のクリスマスは趣を変えて家族だけでなく、プラス一冊のプレゼントを子供たちに寄付してみませんか? 


コロナ禍で厳しい環境に置かれている子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が今年も開催されています。誰でも簡単に参加できるといいます。


f:id:Cupidpsyche:20201115135306j:plain



それでは、ブックサンタとはどういうものなのでしょうか?


ブックサンタとは、子どもたちに贈りたい本を書店で購入し、そのままレジでその本を寄付できるという、とてもシンプルなシステムのチャリティです。


クリスマスに厳しい環境に置かれている全国の子どもたちに「サンタクロースから本が届く」というプロジェクトです。


毎年行われ、4年目となる2020年は11/1~12/24まで開催されます。全国36都道府県の307店舗とオンライン書店で参加することができます。


このプロジェクトは、貧困や災害などで困難な状況下にあって、クリスマスを祝うことができない子どもたちへ、サンタクロースが絵本を届けるプロジェクトとして2017年にスタートしたことが始まりです。


昨年2019年は、3003人の子どもたちに本が届けられました。今年は、コロナ禍で迎える初めてのクリスマスです。収入が減少してしまった困窮家庭が増えることが懸念されています。そこで、昨年を上回る8000冊を目標に、ブックサンタさんを募っているのだそうです。



f:id:Cupidpsyche:20201115135336j:plain


そして集まった本は、NPO法人チャリティーサンタのメンバーとボランティアの力で、クリスマスイブの夜にサンタクロースとなって子供たちに届けられるのです。


経済的に厳しい・入院中・災害で被害にあったなど、さまざまな理由で困難な状況にいる全国の0歳~中学生の子どもたちのところへ出向き、一人ひとりに言葉をかけながらプレゼントを手渡しします。


子どもたちが本に触れる・読むきっかけを作ったり、本が親子のコミュニケーションの一助となり、クリスマスには誰かのために本を贈るムーブメント(文化)になることを目指しているプロジェクトです。


近所に参加書店がなくてもオンラインの参加が可能です。

近くに参加書店がない方はオンラインで、好きな一冊を選んで購入するだけです。

そして寄付した人には、ブックサンタ参加ステッカーとサンクスレターがプレゼントされます。オンライン書店の場合は後日郵送されてくるそうです。サンクスレターに記載しているURLでは、プロジェクト進行の様子やクリスマスイブ当日の様子、子どもたちがサンタクロースに宛てて書いた手紙も掲載されるといいます。寄付してすぐ終わりにならないのもいいところかもしれません。



f:id:Cupidpsyche:20201115140059j:plain


みなさんも今年は誰かのサンタクロースになって、子供たちに1冊の本を贈ってみませんか😉


◎ブックサンタ2020

実施期間:2020年11月1日(日)~2020年12月24日(木)

本のお届け日:2020年クリスマス(一部はクリスマス前後にも届けられます)

実施場所:
1. 書店:36都道府県307店舗
2. オンライン書店 :Honya Club.com
3.クラウドファンディングサイト:CAMPFIRE